2020年09月06日

次の食と農は?私の人脈を見ればすぐわかる

人にこんな人に繋がりたいけど紹介してくれませんかの依頼は多いです。喜んで紹介しています。不思議なもので紹介すると紹介を依頼した人よりも紹介された人にかえって感謝されたりでお互いが必要としているのでしょうね。

「鳥巣さんは人をよく知っているから、紹介料をいただけばよいのに」と言う人がいます。こんな言葉を真に受けてはいけないです。元からお金を払う気がない人がシャーシャーとこんな出まかせを言います。人の紹介にお金をいただくようになったらそれは鳥巣の人脈ではなく、ビジネスです。どっかの政治家さんは口利き料としていただいているようですね。

なぜ、人をよく知っているか?お付き合いのある人の数は一般の人と同じです。ただ、次の食と農はこうなるだろうなということを実践している人はよく知っています。つまり次の食と農の次の領域、進化系、一歩先にいる人はよく知っています。

それは私と同じ考えからだからです。28年前まで大手食品メーカーにいました。その頃から今の食と農の時代になることは予測できました。そしてその頃、いやそれ以前からこの時代の到来をあちこちで喋っていました。

その会社は多国籍企業なので海外に法人を持ち、世界戦略を行おうとしていました。しかもそれはまずは成功しています。私はその頃からその真逆の国内化を提唱していました。国内農業との連携を言っています。

しかし、量販店からの低価格圧力で無能な経営者は安売りと途上国への拡大を目指しました。後者は成功しましたが、前者がガタガタです。国内マーケットをなくしてしまった。自国民にそっぽを向かれている会社が我が国最大の食品メーカーとは。笑ってしまいます。

28年前に私が言った通りになっています。その動きの底流にあるのは農家のお母さんの活動です。家庭を守るための自家製造(自給自足)から始まり、食生活改善事業で商品開発に目覚め、お裾分けから農産加工品開発が盛んになり、それを受けるように農産物直売所や道の駅が販売場所として定着して行きます。

それを30年遅れで一般流通が気付き始めました。ここの来てにわか6次産業化、にわか6次化コンサルです。もう古いです。農家の6次化はやるところはみんなやっています。次に何か来るか?だから私の人脈から目を離さないように。私のブログとFacebookは必読です。→私も不遜ですね。ごめんなさい。
posted by tk at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする