2020年08月04日

人に頼るな、自分で判断して生きよ

昨日は会社の定例会議でした。少しずつ仕事が出て来て、倒産は回避できるかも知れません。しかし、昨日の話題はスタッフの3名が新しい門出を始めた報告がありました。俺の私生活も「まだまだこれから。がんばらなくちゃ」と思いました。

「それでも地球は回っている」「嵐の中でも時は経つ」時は一瞬の休みもなく、刻々と動いて行きます。時という摂理を作ったのは神なのでしょうが、時を創造したものは地球というか、宇宙を想像して、つくったものです。この摂理には誰も抗えない。

コロナ、コロナの大騒ぎの中で世の中が止まっている時も若者は出会い、愛を育ませ、手を握り合い、新しい世界に飛び込んで行きます。コロナコロナの大騒ぎの最中も結婚式で若いカップルは生まれ、赤ちゃんも産声を上げています。

生まれるということと死ぬことは同じ生命の宿命です。生まれる赤ちゃんもいる一方で、高齢、病気、事故で亡くなっている人もいます。コロナであろうがなかろうが人間は死にます。誰も人間の寿命、生き死にをコントロールすることはできません。

この期間中、私も大変悩みました。それ以上にスタッフ達もそれぞれ悩んでいたはずです。ましてや彼らの方が30〜50年私よりも寿命が長いです。コロナ禍の中でしっかり新しい門出を作ったことは嬉しい限りです。

これで当社は潰れない、倒産しない。むしろ発展すると思いました。昨日の会議も終始、笑い声が絶えませんでした。ちょっと早いですが当社は「withコロナ・afterコロナ宣言」です。そう言えば私の住まいの下にある神社の柏手(かしわで)の音が減りました。一方で鳥の鳴き声が増えました。

コロナが劇場化して来ました。ということはコロナはみんなの生活の中に入ったということです。共生の印です。劇場(テレビ)の中でいまだ「政府が悪い」「大量死亡者が出る」としゃべさせられているコメンテーターが哀れです。いくばくかの出演料をもらって。

馬鹿言ってんじゃないよ、人に頼るな、自分で判断して生きよ
posted by tk at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

やっぱり長期顧客(愛顧者)が一番得をする

先週、金土は大阪府豊能町の新規就農塾でした。そこで栽培技術を教えているメイン講師の三浦さんは宮城県角田市で農業を営んでいます。いろんな顧客、業種、業態に野菜を販売して独自の販売チャネルと確立しています。

当初、農業を始めた頃、JAに加え、販売先としたのが宅配だそうです。今でも四半世紀以上続いているお客様もあるそうです。週1回、お任せセット箱(1400円・2000円)を配達するそうです。

入れる野菜はお任せなので自農園でその時に収穫している野菜です。7〜8種類を入れます。年間40品目の野菜を栽培しており、それを年間50週つまり50回配達します。

それを聞いて自称マーケッターの私は頭の中から湧いて来るいろんな質問を尋ねます。「40品目を50回配達するとお客様はある時期は同じ野菜がいつも入っているのに飽きない?」「箱に入れる時はお客様がどんなメニューに使うか?メニューを想定して入れるのか?」「お客様は箱の中の野菜を使い切っているのか?」等。

まずその答えはお客様のメニュー(献立)は想定していない。入れる野菜はその時期の旬の野菜なのでそれを見てお客様がメニュー(献立)を決めている。野菜の使い残しがあるかどうかはわからない。それぞれお客様が何かに使い回したり、廃棄してしたりしているのではないか。

「この中の野菜であるメニュー(献立)を思いついても不足の品目野菜の調達はどうするのか?」「多分、スーパーに行って買っているはず」「それなら、スーパーの野菜で十分ではないのか?わざわざ宅配で取らなくても」「宅配のお客様は多分、「朝採れor前日収穫」の鮮度、新鮮さで買っている」

それでも長く続いているお客様には家族構成や好き嫌いを分析して「入れる品種構成」や「量配分」を変えて入れるそうです。すると牛乳宅配と食品宅配をしている受講生の1人が「宅配は一々お客様の使い方を想定していたら不可能です。こっちが売りたいもの、おすすめを詰めてそれでお客様が納得して買ってくれているのですから」

それに宅配は1回こっきりのお客様が半数を占めると言います。そこで私が思ったこと、宅配は「お客様が出たり、入ったり」というか一定数の入りと出で成り立っているビジネスです。そう思うと気が楽になります。言い換えると「1回こっきり」のお客様こそがこのビジネスを支えているとも言えます。

とするとこのビジネスを成功させる最大のポイントは「長年の顧客」を大切にするよりも1回しか買わない「トライヤル」を増やすことです。「お買い得、1回限りにつき」と銘打った「お試しセット」が最大の稼ぎ頭ということが見えて来ます。逆にいうと長く取っている人が一番、内容の充実した実利を得ているとも言えます。
posted by tk at 06:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

豊能町新規就農塾から育って行く新規農業者

大阪府豊能町新規就農塾を当(一社)エクセレントローカルでやっていますが、今年は4期生です。今年度は経営者が多く、ビルオーナー兼カフェ経営、ホテル経営、牛乳宅配業の社長、飲食・土産販売業等、農業とは異業種がありながら、今後、農業を取り入れて事業展開するため自らが新規就農塾を受講している人達が多いです。

年齢は40歳後半〜50歳前半が多いです。第1期生がサラリーマン定年後の悠々自適の60歳以降が多かったのとは対照的です。2期・3期は栽培技術の習得の目的の人が多いため、メイン講師の三浦農園の三浦さんに任せきりになっていましたが、今年度は企業の新分野進出が多いために栽培技術だけでは不十分なので私も出講しています。

とは言っても栽培技術の習得がメインであるのも事実です。プロ野球に例えると三浦監督の下に1期卒業生の森川ヘッドコーチ、3期卒業の三浦大輔、桑田両コーチ、フロントは荒井朋子エクセレントローカル事務局次長といった布陣で臨んでいます。

1年間、毎月1回合計11回を実施します。作物は20品種以上を周年で栽培しています。昨日はミニトマトと枝豆の収穫をしました。ミニトマトはハウス、枝豆は露地栽培でしたが長雨にもかかわらず、良質の品質のものが収穫できました。

収穫した野菜は近くにある農産物直売所志野の里で販売します。収穫物を選別、規格揃え、パッキング、値付けをして出荷します。この作業が大変です。就農塾は月に1回ですが、農産物は毎日成長します。

圃場管理日と収穫出荷日を合わせると2日に1度は誰かしらが出て作業をすることになります。この共同分担作業が多いために受講者OB3名にコーチ(サポーター)を引き受けてもらっています。大助かりです。今期は受講者も積極的に圃場に足を運んで、収穫出荷業務をやるので円滑に進みます。

ここでの売上高は農業資材購入費に当てますが、この収益だけで最近はほぼ農業資材費をまかなえるようになります。新規就農塾の受講料は年間36000円です。月1回・年間11回で割ると約3000円ということになります。

ここで塾を終了すると大阪府の基準の農家分類の準農家候補者に認定され、その後、農地の利用権設定が受けられ、準農家になることができます。やがて農地取得等ができる農家への道が開かれます。

posted by tk at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

辛抱しているだけでは生き残れない

仕事がないのでwithコロナ、afterコロナで動いています。そろそろ会社の資金は尽きます。尽きてしまえばwithコロナ、afterコロナもないのですが、会社が潰れなければ当然次の手が必要です。次の手を考えて動いています。

まったく、止まっていたコンサル事業も動き出す気配があります。なななんと、岩手県から仕事の受注です。感染者ゼロを誇っていた岩手県から数日前に感染者が出ました。

いずれこの日が来るのを岩手県の役所は予想していたのかも知れません。感染者ゼロだった岩手県が一番早くコンサル事業の仕事をくれたのは意外でした。

たいていの会社が現状の回復を願っています。そのために今この苦しさに耐えています。私は現状の回復はないと思います。生き残りはないと思います。あるのは進化だけです。

ダーウィンの言葉と言われていますが(実際は言っていないようですが)「強いものが生き残るのではない、変化に適応したものが生き残る」がありますが、まあだれが言ったかはよいとして「強いものが生き残るのではない」その通りです。

次に「変化に適応したものだけが生き残る」は私は違うのではと思っています。「変化を先取りして、変身したものが生き残る」つまり「進化」したものだけが生き残るのではと。

このコロナ禍をずっと我慢して事業を止めないで継続したものが生き残ると信じていましたが、長期化で自分の頭の中を「進化したものだけが生き残る」に変えました。

進化と生き残りの違いは?生き残りは現状の延長です。現状の優者が勝ちます。兵糧を持ち答え、籠城に耐えられる大企業は生き残ります。

進化は以前とはまったく違うものになることです。変異と言ってもよいのかも知れません。このコロナ禍の中で変異、変身した企業のみが生き残れます。

そういえば新型コロナも発生から1年足らずで嘘か本当か、日々変異しているそうではないですか?それに勝つためにはさらに激しく我々が変異するしかありません。
posted by tk at 05:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする