2020年06月18日

二人の夢がピタッと合った時

(ご主人)沖縄の出身ですが、父が転勤族で育ったのは東京です。環境分析の会社に勤務していましたが、地域おこし協力隊の前身の組織の「田舎ぐらしをしてみないか?」に応募して、会社を辞めてこの地に来ました。農業が好きというよりも田舎暮らしをして見たかったです。

農業の手伝いや林業の手伝い、観光イベントで1年間の契約期間はあっという間に終わりました。その後、「気に入ったらここに定住して農業を教えてやる」という師匠が現れて、定住を決意しました。農地を借りて農業見習いをしながら、生活費稼ぎにコンビニやスキー場のアルバイトをしました。

(奥様)私は東京の生まれです。小さい頃から料理が大好きで栄養士の学校に行きました。合わせて調理師の免許も取りました。幼い頃は親の実家の田舎に帰省する友達が羨ましくて仕方なかったです。栄養士で働いている時も同じ種類の作物なのに産地が変わると味がこんなに変わるのはどうしてだろう?と興味津々でした。

当時3泊4日で「田舎で働きたい」募集があり、募集して滋賀県に行きました。その4日間が楽しくて楽しくて。東京に戻ってもまた行きたいとずっと思っていました。すると滋賀県の引率をした人から田植え手植え体験に参加して見ないか?とお誘いを受けて初めて福島県のこの地を訪れました。そしてその年に夏はじゃがいも植え体験、秋は稲刈り体験で3回も来ることになりました。

その時の先生が今の主人です。今の主人がキラキラ輝いて憧れるようになり、お付き合いを始めました。結婚式は東京でしました。その日は2011年3月12日でした。東日本大地震に翌日でした。

一緒に福島県に行く予定が足止めを食らうことになり、週末婚で月に何回か通いました。そして1年後に私も転居しました。当時原発事故の影響で農産物出荷制限がかかりました。

検査した安全な農産物も出荷できません。作物は育ちます。廃棄するしかありません。その状況の中でブルーベリーを出荷できないのでジャムにして欲しいという農家からの相談がありました。

それで加工を思い立ちました。それまではペンション、農家民宿が夢でしたが、加工に変わりました。加工技術は農業短期大学校のカリキュラムを見て通いました。加工施設は栄養士時代の蓄えと「復興六起ふるさと起業事業認定」を受けてその補助金で建てました。加工場はかっての牛舎跡です。

昨年、長女が生まれました。今年2人目も生まれます。育児が多忙ですが、主人と一緒に充実した日々を送っています。
posted by tk at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする