2020年06月13日

書いてあることは嘘とは思いたくないが

今朝は東京は雨です。もう梅雨に入ったのかも知れません。早朝、来週からのJR東日本のチケットを買いに行きました。今週は西日本、来週は東日本です。みどりの窓口カウンターに2名が座っていました。休日早朝なのと自粛なので客は私一人です。

手前のスタッフはいらっしゃいも言わず、かつ下を向いたまま私を無視です。向こうのスタッフは立ち上がって大きな声で「いらっしゃいませ」。距離からすると手前の方が近いですが、私は向こうの人のところへ行きました。

手前のスタッフにチケットを発券させるとミスをするのがわかっているからです。私の長年の経験から表情と態度を見ればわかります。要はやる気がないのです。向こう側の人に頼んで正解でした。

これでもこの手前のスタッフがミスしてもJR東日本では特に注意もしなければ、彼が叱られることもありません。向こうのスタッフはこれだけ立派に気持ちよくやってくれてもそれで給料が上がることはありません。

手前のスタッフのミスを怒ると怒った私が怒った分だけ損するだけです。気持ちが不快になった分だけ損します。おかしいと思いません?

ネットを開くといろんな情報が入って来ます。自己PR、自社パフォーマンスのコンテンツもたくさん掲載されています。最近、この大半は嘘なのでは?と思っています。

食と農に関すると私はこの業界は長いのでたいてい真贋がわかりますが、名前を聞いたこともない企業が立派なことをシャーシャーと書いています。また、新規就農セミナーも聞いたこともない講師陣がイケメンぶってホストかモデルかって格好で写真に写っています。

ネットは余程のことがない限り、詐欺で訴えられることはありません。これまた致し方ないのかも知れません。じゃあネットビジネスで成功した人がみんなこんな人間か?そんなことはないと思います。逆でしょう。実際、会うと誠実で魅力的な人なのでしょう。だからビジネスがうまく行った。

ネットでサークルを募集するサイトが増えています。とても入る気がしません。しかし、人生は友達探しの旅です。テレではなく、実際にそこに赴いて、息遣いの聞こえる距離で親しくなりたいです。


posted by tk at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする