2020年06月04日

コロナ以後は地方の時代、さあどうするか?

6月に入って何かが変わった感があります。相変わらず、クラスターが見られ予断は許されませんが、明らかに5月とは違います。都会で歩いてる人が増えたとかのことではなく、覚悟感ですかね。

この都会で生きていくんだ。コロナと共存するんだというような強さみたいなもの、交通事故に遭うかもしれないので道を歩いてはいけません論理は通用しません。道を歩かないと目的地には行けません。気をつけて歩くしかない。

私も会社と自宅の往復だけ。イローカルを訪ねてくれる人との会食は貸切にして、しかも相手は一人、こっちも一人。席も距離をあけて、時間も2時間以内です。これで感染して世間の指弾を受けるのならそれもしたかない事です。運命ですね。

今回の件で一番感じたのは一番国民が頼りにしているはずの行政の無力さ、国民の頼り過ぎかもしれませんが。現場の医療機関を除くと、行政の支援対策、給付金の支払いもまだなされていませんし、公的な緊急融資も遅れています。

現場の行政機関の批判よりも国全体としても統治、あるいは危機システムが既に機能不全に陥っているということを再認識しました。我が国に関わらず、諸外国全てがそうです。

また、感じたのは都会の脆弱さ、地方(田舎)の強さ、安全さ。都会は相当に破壊されましたが、田舎は至って元気です。久しぶりの田舎優位の感があります。しかし、そこで生まれている都会蔑視、帰郷を許さない差別等人間社会の悪い点も社会現象として起きています。

これから我が国はコロナ以後の社会に入ります。落ち着くと都会は間違いなく復活してきます。その反動で今度は田舎は超衰退に入ります。都会と田舎の機能分担、相互の役割分担があって社会が成り立っています。今回の新型コロナの悪影響は間違いなく、今度は地方を襲います。

今の地方のままでコロナ以後の日本を背負えるだけの社会構造、産業、雇用を擁しているのか?地方こそがエクセレントローカルとして、日本を牽引できるかどうか?都会難民を受け入れ、都会からどんどん移住して下さいと言える田舎になれるか?次はボールは地方に渡されます。さあ、どうするか?

posted by tk at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする