2020年05月23日

金はないけど、体を張って、知恵を出して

2ヶ月、人に会わないと会うのが億劫になります。解除されるとまた付き合いが始まります。どんな言葉でご無沙汰の非礼を詫び、再会すればよいのか怖い気がします。解除されても東京から行くと陰でアレルギー態度や心ない言葉を投げつけてくる人もいるのだろうと思うと気が滅入ります。

久しぶりに昨日2時間程度、人と会いました。コロナ禍前に会う約束をしていたのがこの騒ぎで約束を果たせなくなっていたのを久々の四方山話に興じました。

飲食業界の人です。私がこれからイローカルを再会するか?おもい切って閉店するかの話もしました。親身になって聞いてくれました。決断は中途半端でない方がよいです。我々の知らない飲食業界のことも教えてくれました。これからも役に立つことなら何でも協力すると言ってくれました。

私だけではないはずです。多くの飲食店経営者が今、再スタートに向けて悩んでいるはずです。冒頭書いた地方の人で東京在住者にアレルギー態度を取っている人も地域経済が東京市場なくして成り立たない現実を知ると共存共栄の仕組みしかないことがわかるはずです。

東京の飲食店が半分になると東京に向かっている農畜水産物の売り上げも半分になります。また、銀座の賃借料も半額になります。東京オリンピック来年開催も危うくなって来ました。東京の地価が暴落します。実際、閉店・廃業のお店の張り紙も増えてきました。多くの業種が関連しているのです。つながっているのです。

もう1つ、ちょうど糸島はるかが収穫終了時季になったので、規格外品を30kg購入して、松戸食品加工場でマーマレード製造を始めました。昨年も同じことをしましたが、昨年は10kg買って、イローカルで売り切りました。今年は当社が始めたネットショップで販売するつもりで3倍の原料調達をしました。

当社2人若手の開発スタッフが行いますが、数量が増えたのでパートで料理好き、お菓子作り大好きの女子に子育ての合間に手伝ってもらうことにしました。彼女のレシピで製造しますが、これが非常に、断然美味しい。彼女からメールで「楽しかった〜」と感想をいただけました。週1日フルタイムですが大助かりです。来週も、いやこれからずっとお願いしたいです。

コロナ禍トンネルを潜っている間に新しい人脈、協力者と出会えることができました。やっぱり、新しいぶどう酒は新しい革袋に入れないとだめですね。後退するか、前身するかどっちかです。ゆっくり前に進みましょう。資金はないけど、体を張って、知恵を出して。

posted by tk at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする