2020年03月15日

最良の健康法は心に余裕があること

いろんな健康法があります。一番の健康は精神を病んでしまうような悩み、苦しみがないことです。そんな生き方をしていても災難は突然やって来ます。それで病んでしまいます。では悩みがないとすべてハッピーかというとそれはそれで味気ない人生です。

適度なストレス、今日解決しなければならない用事、用件そんなものはいいですね。もっとよいのは一生できる、臨終の日まで仕事をしていることでしょう。休め、休め、働き方改革だと国は言うけれど、それは国民を不健康、ストレス漬けにしているかも知れません。

次によい健康法は十分な睡眠時間です。これは心身を蘇らせるには一番よい健康法です。朝起きれば、知恵が湧いて来て昨日までの悩みを解決する案が出て来ます。よし、これで行くぞ。朝起きて3分以内にその解決策は出ます。この3分を逃さないようにしないと。

睡眠時間とセットなのは飲酒です。一番熟睡できるのはノンアルです。次に酔っ払わない程度の飲酒、最低は深酒です。深酒で意識は失っていますが、体は起きています。一番消耗しています。

体を動かすのもよいです。仕事を会社のスタッフに命じないで自分で動く、どこへでも自分で出かけて用事を済ます。スポーツもいいですね。運動嫌いの私でしたが、この年齢になってスポーツが好きになりました。

いい師に出会うこと、体で覚えるスパルタ式よりも頭で考える理を理解する、人と競わないこと、1つ1つの動作を実力相応にゆっくりやること、そうするとコツが見え始め、スポーツが楽しくなります。

食事や健康食品に関心を持つこと。前者はなるべく自炊すること、できない人は手前味噌ですが当社のイローカルのようなすべて手づくりの外食をすること。それに今更ながらですが、野菜不足を解消すること。

健康食品等は私はアロマオイルを健康法に取り入れています。実感・体感できるので使用しています。この新型コロナウィルスもしっかりガードしています。

最近は山人参茶を入手しましたが、この苦い味が好きになりました。また、いつも胃がすっきりします。洗顔やボディケアは自分で開発した石けんを使用しています。実にいいです。

でも最強で最良の健康法は名ドクターと親しい関係にあるかどうかでしょう。ところで、こんな話題を書けるのも心に余裕ができたからでしょう。そうそう、最強の健康法は心に余裕があること、「金持ち、喧嘩せず」です。私は超貧乏ですが。
posted by tk at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする