2020年03月11日

会社の使命はお金を得ることではなく、払い続けること

新型コロナウィルスが相変わらず感染者を増やしています。国民全員の精神的な苦痛も計り知れないものがあります。トイレットペーパーの買い占め、マスクの転売等も下劣な行動ですが、一面国民の精神的な不安の表れかも知れません。藁をもすがるとも言えるかも。最も安い安心保険。

経済社会に及ぼす影響も大きく、大半の経営者は自粛がいつまで続くか?自粛が続けば会社が存続が危うくなると危惧していると思います。この現象の中で笑いが止まらない業種があるとしたらそれは悪魔のビジネスです。

特に中小企業の大多数は大きな負債を抱えて経営しています。1ヶ月運転資金が入って来ないとたいていは危機に陥ります。ある中小企業の社長が私に教えてくれた名言「会社の使命はお金を得ることではなく、お金を払い続けること」

たいていの人は起業して成功すればたくさんのお金を得ることができる、そして豪華な生活ができるとまで行かなくての日々の生活が楽になり、老後の心配もしなくてよくなると思っています。

しかし、この社長は「お金を払い続ける」ことが会社の使命だと教えてくれました。仕入先、得意先、従業員の給与、福利厚生費、税金等がちゃんと支払えれば企業としては成功です。

大方の中小企業経営者の頭をよぎっているのはお金が入って来なくなるとお金を払えなくなり、倒産するという懸念です。この不安が日本中に蔓延するのが新型コロナウィルスの蔓延よりも実は怖いです。

「だからあすのことをことを思いわずらうな。あすのことは明日が思いわずらうであろう。一日の労苦は、その一日だけで十分である」(マタイ伝)

「戦闘における指揮官にとって最も恐ろしい敵は取り越し苦労である」(ハミルトン英大将)

「このような状況において指揮官は先ず楽天的であることが重要である。彼の指揮に自信と情熱と楽観の匂いがなければ勝利はおぼつかない」(アイゼンハワー米元帥)

さあ、無心でかかりましょう。
posted by tk at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする