2020年03月04日

昨年度は赤字決算でした

当社の昨年度の決算が出ました。創業以来の大赤字になりました。今までも1、2回は赤字決算がありましたがこんなに大赤字は初めてです。

売上高はこの3年間でほぼ2倍になっていますが、利益は赤字です。売り上げ以上に経費がかさんでいます。経費は2倍以上かかっているということです。

原因はレストランがなかなか、軌道に乗らずに、経費増の原因になっているのが一番ですが、本業のコンサル業務も経費増になっており、互いが補完し合う計画が両方とも赤字です。

この現象をどう分析するかです。売上減による赤字ではなく、売上倍増による赤字なので。

4年前に私が代表を退いて、40歳前半の社長をトップにスタッフは20〜30歳代です。私がそのまま代表をしていれば黒字決算かも知れませんが、売上高もずっと現状維持か微増だったでしょう。鳥巣=キースタッフ=個人商店ままです。拡大は望めません。

そこで今の経営体制に一新しました。若手中心でしかも攻めの経営、さらにレストランの新事業まで手がけると試行錯誤です。失敗の中から成功を掴むしかありません。

ちょっと言い訳に聞こえるかも知れませんが、かって西鉄ライオンズに東尾という投手がいました。生涯戦績は251勝247敗です。200勝投手なので大投手です。

この人の入団からの戦績は1年目0勝2敗、2年目11勝18敗、3年目8勝16敗、4年目18勝25敗です。ずっと負け越しです。ようやく5年目にして15勝14敗で初の勝ち越し、その2年後には23勝15敗で初の最多勝利投手です。

その本人が「自分の投手生活は負けから入りました」と述べています。新人は実戦で育てるしかありません。負けも山ほどあります。失敗を繰り返しながら勝ちを覚えていきます。私も独立したのが平成5年、コンサルで格好がついて来たのは平成10年頃からです。起業しても軌道に乗るには5年はかかるということです。

うちの負け数も見事なものです。でも売上もまた見事な伸びです。新体制になって4年です。5年まであと1年あります。今年の活動、活躍を見て下さい。昨年度は赤字でしたが、それ以上に人材が成長しています。これは当初計画通りです。
posted by tk at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする