2020年03月01日

ささいな買い占めで優越感を感じている情けない人々

私のブログは辛口と言われますが、普通です。時々為政者に対して辛口を書くこともありますが、私ごときは犬の遠吠えです。今回の新型コロナウィルス騒ぎでも政府やお上批判はしていないはずです。

なぜなら?誰もわからない、人類が初めて経験するウィルスだからです。それを政府の対応がどうのこうのというのは間違っています。国民一人一人の問題として向き合うべきです。

トイレットペーパーもティッシュも品切れ情報を聞いたので今朝住まいの前のセブンに行ったら、「品切れではありませんが、品薄状態です。入庫をかけても少なくしか、入って来ません。売れる量が増えているわけではありません」と極めて冷静なコメント。

確かにパパは会社に行かずに、子供は休校になると平日昼間の家庭人口が増えるのでトイレットペーパー使用量も増えるでしょう。このコンビニも卵や豆腐の昨日の売れ残りが激減していました。売れていると言うことです。

昨日、ドコモ請求が2ヶ月連続で携帯代の2〜3倍が来たので、さすがにびっくりしてドコモショップに行ったら、いつもは長時間待たされるか?予約日を決めてその日に来いとか、前回は紛失で行ったら受付が電話番号教えるからここからドコモのコールセンターに電話しろとサービス業にあるまじき行為だったのに、今回も鬱陶しい気分で行ったのに非常に丁寧な応対、スタッフの質も同じお店?と疑うくらいよかったです。

お店が空いていたのでスタッフにも余裕があったのかも知れません。いつも高齢者を惑わすネット暗証番号、dアカウント、spモードのそれそれのパスワードの意味もナンバーも説明してくれてよかったです。カードの請求が高かったのはdカードで電話代以外の買い物もしているのでそれが一緒に請求来るからだとわかりました。

知人は超有名店の調理長です。銀座にあります。コロナの影響を聞いたら欧米人も中国人も見事に来なくなりましたが、今まで外国人が多くて来れなかった日本の馴染みのお客様が来てくれるようになりました。当イローカルの土曜日企画も常連さんは相変わらず足を向けてくれています。感謝、感謝です。

人手不足の農家もよいようです。手伝いさんは一挙に増えたそうです。賄いさんも増えたそうです。

学校が突然休校になり、卒業予定者は辛いですね。友達との別れがちゃんと卒業式でできなくて。石巻の知人がブログに書いていました。今年の中学卒業予定者は東北大震災の時の小学校入学者です。地震が起こったのは3月でした。入学式もちゃんとやってもらえず、中学の卒業式もなしとても可哀想だと。

こんな話を聞いているとトイレットペーパーを買い占めてワンコインの買い占めで優越感を味わって、自己満足して、コロナ対策をしたと思っている国民は恥ずかしいですね、情けないですね。

posted by tk at 07:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする