2020年01月07日

まだまだ夢がある。残りの人生にどの程度投資するか?

昨日は仕事始めでしたが、歯科医院の予約も取っていました。年末に15年以上付き合ってきたインプラントがダメになり、抜きました。全部で6本くらいインプラントが入っていますが、一番噛む歯左側の歯が3本並んでインプラントでした。

入れたのはインプラントの走り頃でしかも我が国のインプラント治療の先駆的な東京医科歯科大の教授にやってもらいました。この歯は非常に調子よく、働いてくれましたが、インプラントが強すぎて、インプラントを支えている歯茎の歯骨が耐えられなくなり、真ん中の歯骨が減耗を始め、昨年来は奥を支えていた歯骨がダウンしました。

それでそれを切除して、2本を今度はどんな歯をつくるか?でした。先生の推薦提案は入れ歯です。私としてはあと20〜30年に耐えられる歯であればよいですと申し上げました。

入れ歯?インプラントでもない、差し歯でもない、入れ歯は初体験です。先生に見せてもらった設計ではすごく精緻で、かつ反対側の生きている歯で支えるしくみになっており、一般的な老人が出したり入れたりしている入れ歯ではないのでそれでお願いすることにしました。

私の年齢だとあと何年生きるか?判断が求められます。この2本は前歯ではないので、なくても一般的にはわかりません。コストゼロで行くならそのままでも大丈夫です。反対側の噛み歯がしっかりしているので。しかし、入れないと次はこの反対側の歯がやられます。

現役なので歯抜けとは行きません。しかも講演も多いので、国民健康保険のバネ装着の取り外し入れ歯ではいつ壇場から入れ歯が飛び出すかも知れません。それを勘案して先生はよい提案をしてくれました。まだ君は残りの人生に投資した方がいいよと。

今年の誕生日で5年ぶりの免許証の更新です。どうしようかな?と思います。都会生活者なのでクルマは所有していません。仕事の時は人様に乗せてもらっています。自家用車が必要なのは子供が小さい時だけです。もう1回更新すると71歳まで乗れるけど乗ることがあるのかな?

中小企業診断士の更新は一昨年やったのであと3年あります。69歳まで中小企業診断士でいられます。次に更新すると74歳まで。それまでコンサルやっているのかな?必要かな?

昨日は年初めで会社の会議でした。若いスタッフが今年の抱負を述べました。私も述べました。人生これから60〜70年ある人とと私のように20〜30年の人では述べる抱負が全く違います。彼らには夢がある。でもわたしにも夢がある。そう思うと同じかな?
posted by tk at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする