2020年01月03日

体で覚え、頭で考えよう、その繰り返し

空手の先輩が2日から稽古を始めるというので参加しました。今は出張がなく、東京にいるので平日も早朝時間があれば一人で筋トレしたり、空手稽古をしています。ただし、一人で稽古すると言うのは有意義な反面、危険性も孕んでいます。

我流で下手に身についてことはどんどん悪い方向へ進化(?劣化)して行くからです。常に軌道修正してくれる人がそばにいないと成長しません。私は今年5年目に入りますが、未だ帯は緑色です。門下生の中で最も昇段が遅れています。

昇段試験は受験する段級に相当する型(かた)ができるかの審査です。審査員は形ができるかだけでは審査していないはずですが、受ける方からするとそう思ってしまいます。なぜなら、昇級試験は「型の披露」だからです。

審査員はその型を通して、その段級に相当する技術を有するかを審査しているのでしょうが、我々は未熟なので形(かたち)だけの形(かた)を覚えようとします。私も当初、そうしようと一生懸命型の暗記をしていましたが、それをやめました。

「やめる」には2つ意味があります。空手と道場を辞めて行く人、もう1つは型だけの暗記を止める方法です。前者が9割で去って行きますが、私は後者を取りました。

そしてどうしたか?空手の稽古を「空手の1つ1つの動作の基本を身に付ける」ことに切り換えました。空手をやると言うことは「一生、空手の基本動作を精進し続けることだ」と思うようになりました。そうしたら最近、空手が面白くなりました。

正月休みも仕事があるので、企画書を書いたり、提案書を書いたりしています。仕事だと私が基本的な企画書や提案書に終始していたのでは、クライアントはお金を払ってくれません。この業界四半世紀のキャリアのある私が求められているのは私しかできない企画、提案およびそのしくみづくりです。

空手と仕事、どっちが楽しいか?どっちも同じです。どっちも苦しむ時とそれが喜びになる時があります。

仕事に関して言えば仕事で体で経験したこと、特にうまく行かなかった時、それから逃げないでそれを必ず頭まで持って行き、考えることが必要です。ある技術や能力は自然には身に付きません。とことん考える作業がないと進歩しないと思います。
posted by tk at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする