2020年01月02日

私の今年の行動目標というか、昨晩見た初夢

夢があるということは幸せなことです。「えっ、再婚するの?鳥巣さん」それもいいけど、そうではなくて仕事の話です。今年は新ビジネスを現在のところ3つ考えています。新ビジネスですから実現可能性もかなり低いものもあります。でもチャレンジしないと永遠に現実化しない。

@食と農ビジネス会社に資金投資する会社の設立、逆の立場からいうと農家や中小あるいは起業したての食品事業者が資金調達できるしくみづくり
A体力増強、健康アップ、いつまでも元気に長生きできる健康法実現の場ビジネスづくり
B地方で開発される農産加工品、あるいは食品添加物フリー加工食品を首都圏で販売する場としくみづくり

実現可能性の低いもの、言い換えると難易度の高いものから書きました。実現するかな?しないかな?わからない。初夢だと思って書きました。私1人ではとてもできません。人間性というより、むしろ「人間力」のある人と連携してやろうと思います。人を動かすのは人です。金を動かすのも人です。仕事を創り、実行するのも人です。

合わせて3年前に設立した(一社)エクセエレントローカルは当初は社員(会員)が目的を理解できなくて、かつスタッフに恵まれずに解散しようかな?と思っていましたが、昨年から本格的に動き始めました。

親身になって、ひっちゃきになってやってくれる事務局長と事務局員の2名が動き出しました。協力スタッフもできました。キースタッフ社の業務範囲外のコンサル事業、例えば新規就農や高齢者雇用対策事業、非食品のヘルシー商品の開発・販売といったものが徐々にニーズが高まってきました。今年はできればもう1人若い協力スタッフを戦力に考えています。

さて本体のキースタッフ社です。仕事自体は増えており、業務が追いつかない状況が続いています。資金需要も増大しており、予断を許しません。4年前から若いスタッフを「部長」名刺で現場に入れています。

この若手社員達がそれなりに仕事を体でわかるようになりました。今年は彼らの現場での悩み、例えば仕事の進め方、クライアントは何を、どこまで自分に求めているのか?どこまでやれば仕事をしたということになるのか?今の自分は仕事ができるレベルに到達しているのか?等をスタッフに書き出させて、それを私が聞き取りして、体系化を図ります。

「キースタッフ社の業務・活動指南書」を作ります。それを新入社員も含めて、若いスタッフ向けに私が社内教育します。
posted by tk at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする