2019年11月12日

4冊目の単著本は毎日のブログ

毎日、毎日よく書くことがあるなと呆れられるくらい毎日このブログを書いています。どのくらいの方が読んでくれているのか?わかりません。最近はブログよりはFBやインスタグラムの方が利用されていると聞いています。

が、ブログファンもしっかりいます。最近、10年ぶりくらいに2名の方から連絡がありました。メッセンジャーを通して連絡が来てかつその2名は美女なので「これは怪しい。なりすましに違いない」と警戒していましたが、間違いなく本人でした。

ずいぶん会っていませんが私の食と農に対する考えをよく理解しています。ブログを読んでくれているのかな?と思います。

私は現在、本を単著で3冊出しています。平成16年、平成23年、平成25年に出版しています。それ以降は書いていません。特に2冊目と3冊目の間は2年弱です。よく書けたと感心します。

どちらかというと2冊目の「加工特産品のつくり方、売り方」(出版文化社)はマーケティング本です。3冊目の「農産加工食品の繁盛指南」(創森社)は加工技術まで突っ込んだ商品開発本です。マーケティングセクションの人向けが前者で、研究開発部門の人向けが後者です。

まだ、3冊目を書いた時は講演で全国を駆け巡っている頃で宿泊先や飛行機、新幹線の中で書きました。在京の時は事務所に寝泊まりしながら書きました。6〜7年前のことですから60歳前の頃です。

3冊の中で一番読み易いのは「加工特産品のつくり方、売り方」です。これが今の地方の加工特産品時代の到来を予言しています。自分でも「鳥巣マーケティング」が一番こもっています。伝わるように平易に書いています。それ「じゃあ、実践したいので具体的に製造技術や採算計算を教えて」という人向けに書いたのが「農産加工食品の繁盛指南」です。

ここで燃え尽きたとは言いませんが書くパワーがなくなりました。それで毎日原稿用紙2〜3枚ブログを書いています。テーマを決めずにその日の朝の思いつきで。野球でいうとノーサインで投げているようなものです。

最近、講演時に最近ブログ書いたことをしゃべることが増えました。実はこれが私にとって最も新しい情報、新しい考えだからです。ついつい講演でも口を突いて出てきます。

ゆっくり自分が16年間書き続けているブログをたどってみようかと思います。それが多分今の食と農の世界にとって一番有益な情報なのでしょうから。
posted by tk at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

バラバラを1つの求心力でまとめるには

目的ありきです。あるいは到達点から発想する。それが理想です。課題の分析、悪いところの修正ではなかなか本来の目的地までは行きません。しかし、なぜか人間の思考は現状の課題・問題から入ってしまいます。

それをスタッフに提示するとスタッフは「頑張っているのに」と否定された気分になります。反発もあります。現場に楽しくやる気を出して働いてもらうにはどうしたらよいか?まず結論の改善案を出します。

そして改善案のベースとなっているのは今の活動である。今の活動の中でいい点、素晴らしい芽を具体的に分析して、その長所をもっと伸ばす、そしてそれを活かしてもっと大胆に改革しよう。最後に今の行動の悪い点を挙げて、それは前に進むためにも排除しようという論理で組み立てる。これだとスタッフも納得します。

当社は現在、3事業部門があります。主力は26年続いているコンサル事業です。それに加えて3年前から外食事業を始めました。また、昨年から食品加工事業も立ち上げています。さらに非食品事業の構想もあります。

キースタッフ社の経営は社長がやっています。私は肩書きは平社員ですが、株は100%持っているのでオーナーです。ですから3事業分門に首を突っ込みます。それで最近は多忙を極めています。

そこでわかったこと。3事業を見ることは不可能です。大企業はそれでホールディング会社をつくって、それぞれ事業会社をつくり社長を置いています。10事業会社があれば、いわば10社の会社があるということです。これでは分社化、多角化の意味はありません。

最近わかりましたが、当社だったらコンサル、外食、食品加工の事業を1つと見ることです。その3部門に強い有機性と関連性あるいは体系化して1つの事業にしてしまうことです。そしてそのシナリオは冒頭に書いたそれぞれのよい点をさらによくするというベースに立ちます。そうすれば3つのよい点が発揮でき、1つの会社でも3✖️3=9の力になります。

そうすれば私の体も3つ要らない。1つで十分です。
posted by tk at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

褒め言葉はけなし言葉でもある

最近、無我夢中、七転八倒で生きている私に3つばかりわからなかったことがわかりました。閃きました。「今頃遅い。今までの無駄を考えると今頃わかってどうするんだ」レベルですがわかった気になっています。

趣味からいくと空手です。最も劣等生で4年間、後から入って来た人に抜かれまくっていますが、最近空手の稽古が楽しいです。あることがわかりました。下手を治そうと小手先で色々やりましたがはかばかしい結果が出ません。

先輩の教え等を反復しながらやっていると根本的に間違っていることがわかりました。それを工夫して変えたら空手が楽しくなりました。何でこんな基本がわからなかったんだろうレベルですが。それは何か?正しく立つということ。

もう1つこれは私の本業の本丸の問題ですが、現在、会社が売上高は伸長している中で資金需要も大きく、金策に走り回っていますが、しかし、もっと会社を伸ばすためにもっと本質的な部分をテコ入れしなければ、何かがあるはずだ。

この会社がある世に存在するオンリーワンの要素は何なのか?創業の意義はそこにあったのに26年経つと忘れていました。多くの人が私に囁いたのに私が聞く耳を持たなかった。基本に立ち戻ります。それは何か?と問われるとマーケティングと商品開発は一体であるということ。

3番目も仕事です。レストランイローカルです。土曜日企画はイベント性を高めると入りきれないほど満席です。日常色の強いイベントになるとお客様は常連様だけになります。この企画の料理をお客様が地域でも食べられない食材・料理が出てくると褒めてくれます。褒め言葉はけなし言葉でもあります。

4番バッターあるいは横綱を揃えることに終始しているのではないか?その4番も横綱もかっての盛りの過ぎた往年の4番、横綱。イローカルの中村料理長の最大のヒットは何か?お客様が10人中10人が感動するメニュー。

それは土鍋ご飯です。現代人はご飯を食べたがっている。しかし、仕事に忙殺されできない。あるいは1〜2人暮らしでは米を炊くのは容易でない。これにまさに突き刺さった。

もう1つの生活者の困りごと。もっと新鮮な野菜を美味しく食べたいです。これに応えてくれるスーパー、レストランが意外に少ない。みんなメインディッシュは肉ばかり。野菜を生だけではなく、煮ても、グリルでも、炒めてでも、ゆでてでもいろんな調理で食べたい。へへへ種明かしをしてしまいました。
posted by tk at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

私は鉛筆派、なぜなら書き直せるから

私は鉛筆派です。ボールペンはハガキを書く時と公的書類を記入する時以外は使いません。なぜ、鉛筆が好きか?何度でも書き直せるからです。常時数本のペンシルを持ち歩いていますが、最近よくなくします。1週間で2本補充しました。歳ですね。

若いということは何度でもやり直しがききます。むしろ色んなものに挑戦して、何度もやり直し、書き直しながら人生を確立していくのがよいです。私の最近のセミナーも少し変えています。

加工食品開発支援を売りにしている当社は長年、中小企業や農水産業従事者に加工食品開発を教えてきました。私の本もセミナーもそうなっています。6次産業化もエクセレントローカルも商品開発を真ん中に組み立てています。

最近、ちょっと変わってきました。起業を喋るようになりました。むかし、コンサルタント開始の頃は中小企業診断士としてこのテーマはずいぶん話しましたが、最近再び話すようになりました。あの頃と違うのは最近しゃべるのは起業をフードビジネスでの起業に絞っていることです。

経営には3資源ヒト、モノ、カネが必要です。人は働く人、モノは商品やビジネス、カネは資金です。モノ(商品)の開発を教えても、つくる人がいないとできません。それでつくり方を教えます。

それと同時にそれを世に出そうと思えば資金が必要です。資金調達も教えなければなりません。この3要素はどっちが先で次はどれ?と言った後先の順番はありません。前後しながら一緒に「必要」がやって来ます。

起業した頃はこの3要素を一人でやります。自分が主体者で自己資金で自分がつくりたいもの、やりたいビジネスを始めます。それが継続していくと継続するということは少しずつでも拡大基調にあるので、ヒト、カネは外部からの調達が必要になります。

当社が一人で創業地津田沼から事務所の東京移転を図ったのは13年前です。家賃も3倍になり、当時の国民金融公庫から確か500万円借りて、東京進出しました。スタッフも増強しようと今の社長の野口に声をかけたら2つ返事でついて来ました。

ちゃんと野口に給料が払えるか不安で不安で仕方なかったです。子供もちょうど教育費が価格年齢に達し始めていたので。しかし、東京に事務所を移転して、本を世に出して、今まで千葉地方区だった私(キースタッフ)が全国区になり始めました。それで何とか飯が食えました。

それから伊藤を入れた時も、今はいない本間を入れた時も給料が払えるか?との不安との戦いは続きました。その後も若い大学出たての人材が入るようになりました。来年も新人の採用ができました。初の新卒です。

給料を払えるか?の不安は今でもつきまといます。しかし、社員全員が「新入社員一人分の給料ぐらい我々が稼ぎますよ、うちの会社は今がチャンスです。必要なのは人材です。ぜひ採用しましょう」と言います。

そろそろ当社も起業期から次のステージに上がったのかな?嬉しく喜ばしいことです。若いスタッフを見ながらそう思います。

posted by tk at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

自分に都合のよい論理を振りかざしているだけ

人間は相手に注意されたり、非難されたりするとものすごく気にします。それで精神を病んで心療内科のお世話になったりします。会社でパワハラ事件が絶えないのもそのためです。

恐れずに書くとパワハラ事件もどっちが被害者でどっちが加害者かわからない要素があります。見方を変えれば加害者が被害者でもあり、被害者が加害者でもあります。最後は裁判の決定が真実ということになりますが、多分にそれも????です。

昨夜、羽田空港から戻る電車の中、私の周りの9割の人がスマホに夢中になっていました。私がスマホをやっていなかったのは電気が切れていたからです。

車内に吊り広告にキャンペーン広告で「歩きスマホはやめましょう」と書いてあります。「あなたのために前に進めない」とも書いてあります。????です。9割の人がスマホをやっているのに誰が迷惑するのでしょうか?

例外1割の人?1割の人の迷惑なら釣り広告にはなりません。要は歩きスマホは迷惑と言っているのはスマホをやっている9割の人です。車内でスマホをいじるのはオーケーだけど、歩く時にスマホやっている人が前にいると歩きづらいということです。

みんな自分にとって今その時の快か不快で判断します。要は身勝手です。常に自分に都合がよく考えているだけです。そんなに迷惑ならスマホを禁止すればよいのに。そうなると一番困るのは自分達とスマホメーカー。

この吊り広告のスポンサーもスマホメーカーの団体でした。歩きスマホの社会問題に対して我々は取り組んでいるというポーズのための広告です。この電車会社も広告料が入ってくるので嬉しいわけです。人の迷惑が思わぬ収入になります。

あるコンビニチェーンが例えば福岡県産あまおうを使ったパン、熊本県産メロンパンを開発したとします。その場合、本部から人が来て原料を納品する農家を厳しく視察します。特に農薬については普通なら手に入らないような農薬の使用不使用までチェックして、検査まで膨大なお金をかけさせてやります。

そのくせ、このパン上にはあまおうはきれいなピンク色、メロンパンは見事な緑色のクリームが乗っています。天然ではないのは一目瞭然です。このコンビニ会社は「食品添加物は国が認めているので人体への影響はありません」と言ってのけます。

なぜ、ピンクや緑色の着色料を使うか。たくさん売るためです。この会社はきれいなピンク色やみどり色の着色料でコンビニ購買層の購買意欲をそそり、農家視察や農薬検査を農家に強いることで安全なものを消費者に供給していると会社姿勢を自慢します。

どっちが加害者?どっちが被害者?要は自分に都合のよい論理を振りかざしているいるだけです。
posted by tk at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

ついに来年は新工場建設、おめでとう

昨日、念願叶って岡山県のあるハムソーセージメーカーを訪ねました。9年前ごろから当社が岡山県6次化サポートセンター主催のセミナーを行なっていますが、創業者の社長は第1回目の受講者でした。

この会社を訪問して工場見学と社長の考えを知りたいと思っていましたが、何と9年の歳月がかかりました。しかも私が社長にアポを入れたのは9月です。2ヶ月待ちで会えました。

当時は創業から10年を過ぎた頃で社長も悪戦苦闘していました。薬剤師で34歳まで薬の大手取り扱い企業にいましたが、「もう白い粉を扱うのは飽きた」と独立しました。会社名は(株)薫製倶楽部でハムソーセージは製造していませんでした。主力商品は卵、魚、チーズ、畜肉のくんせいでした。

それを近くの観光公園で土日祭日イベントで販売していました。この観光公園が廃止され、そこでこのままでは会社が潰れると思ってハムソーセージの製造に入りました。ハムソーセージを製造するには社内に獣医師のような食品衛生管理者を設置しなければなりません。薬剤師は登録すれば自動的に食品衛生管理者になれます。

しかし、ハムソーセージを製造しても売るところがありません。社長は道の駅や農産物直売所に目をつけ、販売します。農産物直売所は店舗配送、売れ残り引き取り等が必要ですが、支払う販売マージンは15〜20%程度で済みます。やがてこの販売手法を岡山県内の食品スーパーに適用して行きます。

大手のハムソーメーカーはセンター納品あるいは店舗納品まではしますが、売り場まで納品して、陳列、アイテム管理まではしません。それを行うことを前提に中小規模のスーパーの社長と交渉して、口座を開設して、直取引を増やして行きます。軽自動車1台確保して自ら売り場まで配送する、店舗担当者とのコミュニケーションができる。これが大きな強みになります。

岡山県で定着してから、東京開催のスーパーマーケットトレードショーに出展するようになり、徐々に全国展開して行きます。その場合は店舗配送はできないので宅配便で1ロットの量と最低取引額を決めて送ります。

商品は食品添加物不使用、特定原料7品目不使用です。前者は特に発色剤、後者は結着剤だそうです。例えば結着するためには乳、小麦を使いますが、この会社は使用しません。食品添加物の結着剤も使用しません。それで決着する製造方法を持っています。

発色剤も不使用です。肉の色の退色を防ぐためと食中毒菌(ボツリヌス菌)対策ために入れますが、これまたこの会社は入れなくてもよい製造方法を確立しています。それはかって燻製を作っていたことで得たノウハウだそうです。この会社のパンフレットに他社製品と違う製造方法で加熱工程を「ゆっくり焼く」とかいてあるのがまさにそれだそうです。

スーパーで販売する場合のポイントはスーパーの値頃(ねごろ)価格があり、小売価格はそのゾーン価格帯に設定して、販売することだそうです。その分、容量が少なくなるのはむしろ一人暮らしが増えている現在はウエルカムだそうです。もう1つはパッケージを印刷包材・印刷容器にすることだそうです。シール貼りは直売所ではオーケーですが、スーパーではお客様に違和感があるそうです。

スタッフ4名全員セミナーに全回出席して、私の講義を聞いています。まさにエクセレントローカルの実行者です。早島駅の前についに来年100坪の新工場ができるそうです。おめでとう。
posted by tk at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに来年は新工場建設、おめでとう

昨日、念願叶って岡山県のあるハムソーセージメーカーを訪ねました。9年前ごろから当社が岡山県6次化サポートセンター主催のセミナーを行なっていますが、創業者の社長は第1回目の受講者でした。

この会社を訪問して工場見学と社長の考えを知りたいと思っていましたが、何と9年の歳月がかかりました。しかも私が社長にアポを入れたのは9月です。2ヶ月待ちで会えました。

当時は創業から10年を過ぎた頃で社長も悪戦苦闘していました。薬剤師で34歳まで薬の大手取り扱い企業にいましたが、「もう白い粉を扱うのは飽きた」と独立しました。会社名は(株)薫製倶楽部でハムソーセージは製造していませんでした。主力商品は卵、魚、チーズ、畜肉のくんせいでした。

それを近くの観光公園で土日祭日イベントで販売していました。この観光公園が廃止され、そこでこのままでは会社が潰れると思ってハムソーセージの製造に入りました。ハムソーセージを製造するには社内に獣医師のような食品衛生管理者を設置しなければなりません。薬剤師は登録すれば自動的に食品衛生管理者になれます。

しかし、ハムソーセージを製造しても売るところがありません。社長は道の駅や農産物直売所に目をつけ、販売します。農産物直売所は店舗配送、売れ残り引き取り等が必要ですが、支払う販売マージンは15〜20%程度で済みます。やがてこの販売手法を岡山県内の食品スーパーに適用して行きます。

大手のハムソーメーカーはセンター納品あるいは店舗納品まではしますが、売り場まで納品して、陳列、アイテム管理まではしません。それを行うことを前提に中小規模のスーパーの社長と交渉して、口座を開設して、直取引を増やして行きます。軽自動車1台確保して自ら売り場まで配送する、店舗担当者とのコミュニケーションができる。これが大きな強みになります。

岡山県で定着してから、東京開催のスーパーマーケットトレードショーに出展するようになり、徐々に全国展開して行きます。その場合は店舗配送はできないので宅配便で1ロットの量と最低取引額を決めて送ります。

商品は食品添加物不使用、特定原料7品目不使用です。前者は特に発色剤、後者は結着剤だそうです。例えば結着するためには乳、小麦を使いますが、この会社は使用しません。食品添加物の結着剤も使用しません。それで決着する製造方法を持っています。

発色剤も不使用です。肉の色の退色を防ぐためと食中毒菌(ボツリヌス菌)対策ために入れますが、これまたこの会社は入れなくてもよい製造方法を確立しています。それはかって燻製を作っていたことで得たノウハウだそうです。この会社のパンフレットに他社製品と違う製造方法で加熱工程を「ゆっくり焼く」とかいてあるのがまさにそれだそうです。

スーパーで販売する場合のポイントはスーパーの値ごろ価格があり、小売価格はそのゾーンに入れることだそうです。その分、容量が少なくなるのはむしろ一人暮らしが増えている現在はウエルカムだそうです。もう1つはパッケージを印刷包材・印刷容器にすることだそうです。シール貼りは直売所ではオーケーですが、スーパーではお客様に違和感があるそうです。

スタッフ4名全員セミナーに全回出席して、私の講義を聞いています。まさにエクセレントローカルの実行者です。早島駅の前についに来年100坪の新工場ができるそうです。おめでとう。
posted by tk at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

だしを売るためにいなり寿司をサンプリング

中学の同級生が会長の鶏肉加工会社がその鶏肉を食材にして「博多水炊き」料理のお店をやっています。博多というのは最近はホルモン鍋が有名ですが、博多のネイティブの人はホルモン鍋はあまり食べません。博多のネイティブ鍋料理は「鶏の水炊き」です。

同級生のやっている銀座店に行っていろいろ勉強させてもらいましたが、一番びっくりしたのは料理が終わり、帰ろうとする時にいなり寿司の小ぶりなのを2個くれました。????

店長の説明では「野菜と鶏ガラの万能だし」を調味料で販売しており、そのだしで作ったいなり寿司だそうです。普通、販売促進・プロモーションする場合はその商品そのものをサンプルで1個か2個くれます。「おうちでお試しください」と言って。

主婦はともかく我々のもらってもたいてい使いません。しばらくするとゴミ箱です。それをいなり寿司にしていただくと食べます。実際私も翌朝食べました。「美味しいな」と実感しながら。次に来店した時にこのだしを買おうと思いました。

これは当たり前のことのように見えて、当たり前のことではありません。食品メーカーがこのだしを売ろうとする時はサンプルを渡すだけです。だしを使っつくった料理を持ち帰りに進呈することはありません。

この手法は料理店の発想です。なるほどなと感心しました。レジの横に20種類くらいの加工食品を販売しております。すべてこの料理店の食材や料理に関連するものです。また本体の鶏肉加工会社と関連のあるものばかりです。ただし、製造は全て外注の食品メーカーです。

これからの商品開発は「料理を加工食品にする」手法が有効です。当社もレストランを経営しており、その料理長がつくる料理や調味料を当社の加工場で加工食品にする。早速、取りかかろうと思います。

最近、私は食品添加物フリーの傾向を強めています。実はこれから博多に向かうのにわざわざ岡山で降りて、食品添加物を使用しないでハムソーセージを製造している会社を訪ねます。当社のセミナーの受講者でした。

当社の場合も調理長の料理をそのまま食品添加物を使用しないで加工食品にする。その技術に挑戦します。
posted by tk at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

訪日目的はオリンピックの次はジビエ

ジビエが人気です。飼育された鳥獣類は家禽、それに対して天然で生きている鳥獣を猟で仕留めたものは野禽(ジビエ)です。30年前ごろフランス全土を2週間食材調達で回りました。

一緒に行った平野キヨさんがフランス食材に精通している方で、宿泊するホテルやペンションで毎日、毎夜ジビエのおもてなしでした。きじ、山うずら、ヤマドリ、野うさぎ等です。

チキン(鶏肉)の苦手な私もジビエに対する抵抗、拒否はなくこんな美味しい料理を食べたことはないと思っていただきました。パリの市内の市場で毛の付いたまま吊るされた野禽を見た時も魚市場で魚を見るのと同じ感覚で見れました。

日本でジビエが言われ始めたのは害獣被害が増えてきて、その対策としてです。一般的にイノシシと鹿がその対象です。日本人が肉食を始めたのは明治以降というのは嘘で、日本人は太古の昔から野生の獣を猟をして食べていました。江戸末期、日本の山が燃料で木を切り尽くし、鳥獣も取り尽くして裸山ばかりだったと言います。

猪肉は日本人の食材として認知され、猪鍋で提供され、関西を中心としてお店もたくさんあります。地方に行けば猟師が捕獲した猪肉や鹿肉を販売しています。捕獲してすぐに血を抜いて解体するという時間と解体場所までの距離が勝負です。最近は農水省の事業で解体所の整備や建設にも補助金が付きます。

当社は10年ほど前に世界自然遺産認定の鹿児島県屋久島で屋久鹿が繁殖し過ぎて、屋久鹿(ヤクシカ)のジビエ化の手伝いをしたことがあります。そのヤクシカは屋久島の人気メニューになり、なかなか口にすることができなくなりました。

当社経営のイローカルで2週間前に屋久島企画を行った時に東京初登場(かどうかわかりませんが)させたら大人気でした。その2週間前に同じイローカル岡山企画で岡山県新見市のハンター水上さんの鹿肉を出しましたがやはり大人気でした。

インバウンドの特にヨーロッパ人は来日の楽しみにジビエがあるそうです。ヨーロッパは肉食なので本当のジビエは需要も多く、価格が高く、なかなか食べられない高級料理だそうです。

日本人はジビエを食べない、しかし地方には衛生的に処理されたジビエを美味しく提供するレストランが増えている。これがヨーロッパ人の楽しみだそうです。オリンピック以降もインバウンドを継続して、特に東京からさらに地方に向かう最大の手立てはジビエ料理とも言えます。大チャンスです。
posted by tk at 07:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

首里城が燃えている、まさか?

反発・非難覚悟で書きます。他にも私と同じ感想の人はたくさんいると思いますが書くことはちょっとためらわれます。書くことをお許し下さい。

炎上する首里城は実にきれいでした。とても美しかったです。近年、こんなきれいな光景を見たことがないほどきれいでした。私もインターネットの写真でしか、見ていませんが見とれてしまいました。多分、世界中を釘付けにしたのではないかと思います。「Shuri Castle」は世界も最も有名で印象的なキャッスルになりました。

2度ほど訪ねています。公開されていましたが、復元の完成は今年だったとは知りませんでした。私の印象は大きなしかも精緻な観光名所の感じでした。すべてが真新しくて、歴史観を感じない観光スポットの印象でした。正殿が意外と小さかったのと中に展示してある琉球王朝の変遷や歴史的な事件が興味をそそり、もっぱら私は読んでいました。

その復元間もない首里城が燃えている。最初はボヤか半焼かそんな程度でした。城の外壁や堀や地面は石の構造物で来ていますが、建造物は木造です。だから燃えた。

燃え上がるというのは朽ちていくことです。滅びていくことがこんなにきれいなものとは。まさにその「潔さ」が最高の美を放ちました。首里城はかっての「琉球國」の王宮です。御所です。王様が住んでいたところです。

江戸時代に島津が占領して、明治時代に日本に帰属します。非難覚悟で書きますが今回の首里城全焼は「琉球」は日本ではない、大和ではない。「琉球國」が今でも沖縄県民の心にあり、そのアイデンティティの発露、表現だった気がします。

今の沖縄県は人口も増えています。我が国で人口が増えている都道府県は東京都と沖縄県だけです。大変な繁栄をしています。基地の政治的な問題ばかりが喧伝されますが、ここに独立国があったんだぞという証を世界に見せてくれました。
posted by tk at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

この人は人生の活性感がないだろうな

自分の人生すらまともに生きれていないのに、人様の人生を云々言うのはおこがましいですが。この人は人生の達成感がないだろうなという人がいます。5年前に会った時も、10年前にあった時も、今日も同じことをしています。それは悪いことではないですが、成長がない。

人生の目標を達成するために仕事をしているのではなく、毎日の生活費を得るために職場に通っているそんな人がいます。仕事というよりも業務という作業の埋没しています。

こんな生活は私にはとても耐えられなくて、すぐに別の仕事を探します。パートのお母さんも単純作業の仕事をしているじゃないか?どこが悪いんだと反論が来そうです。

パートのお母さんはパートで得た収入を子供の学費に当てたり、生活費の補充にしたり、使い道をしっかり持っている人もたくさんいます。つまり別のところでの人生の達成のためにパートをしています。それはそれで立派です。

仕事に対して不平不満の多い人がいます。不平不満を言っている割には辞めません。なぜなら、今に安住しているからです。マンネリでできる楽さに逃げ込んでいるからです。ここから脱出して自分の夢を達成するのだという覇気がありません。

世の中にはお膳立てしてもらわないと動けない人が結構います。2タイプあって、能力がなくて動けない人と最高位にいて周りがやってくれるので動けない人もいます。どっちもどっちですが。問題は前者です。

自らお膳立てをして(シナリオを書いて、戦略を立てて)、それを自らが実現に向けて実行する。それが多分一番幸せな人生です。評論家ばかりの世の中です。特に私のような職業はそうです。そうならないように自戒の念も込めて書きました。
posted by tk at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

我が社はこんな人材を育てたい

マーケティングとか商品開発という言葉が好きな人がたくさんいます。知的な響きでそれをやっている人は尊敬の目で見られるそんな職業、業務と思われています。

特にコンサルがこの言葉が好きです。よくコンサル女子が「この商品は私が開発しました」と言っているのを聞きます。「何をしたの?」と聞くと「こんな商品があればいいなと提案しました」という返事。これは商品開発ではありません。もっと滑稽なのは「現役女子大生が開発した商品」????

また、調理人がテレビで有名になると○○○○監修と銘打って発売されます。本当にそのコックが開発したのであればこんなまずいものは彼のプライドにかけても発売しないだろうにと思うレベルです。監修代というお金で契約しているからです。

流通のバイヤーがこの商品は「私が開発しました」と胸を張ります。PB(プライベートブランド)商品のことを言っています。これも嘘です。まず100%メーカーが試作品をつくり、何度かやりとりをして味とデザインが決まると発売されます。流通に商品開発のできる人材はいません。

あのチキンラーメン創始者のドラマをやっていました。掘っ立て小屋から商品が生まれた美談です。それは間違いありませんが掘っ立て小屋の試作だけではあの世界的な即席ラーメンは生まれません。

アメリカの小麦戦略が背景にあります。小麦に日本に売りたいアメリカが食パンの次に目をつけたのが麺食です。多分、当時日本の加工食品技術の後押しがあったので即席ラーメンは陽の目を見たとも言えます。出て来ませんが、アメリカ政府と日本政府の大きな協力があったはずです。

当社は加工食品開発のできるコンサル会社です。原料を使って、賞味期間のある加工食品や調味料を開発して、販売できる商品にすることができます。商品開発企画と研究開発ができます。

一番よいのは商品開発企画と研究開発の両方ができる人材です。こんな商品があったらと思うイメージを実際、加工食品にできる人です。現在の我が国大手食品メーカーは業務が細分化しており、それを企画アイデア段階から商品化まで一貫してやらせてくれません。だからどこも商品開発担当が育ちません。

昨日はイローカルの3周年記念でした。出てきた料理も素晴らしかった。この料理を食品添加物を使用しないで一定の賞味期間のある加工食品にする。そして発売する。ある意味、料理と加工食品の融合・一体化です。これができる人材を育てたいのです。
posted by tk at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

試練を乗り越えるために人生・仕事はある

試練は人を潰すか、成長させるかです。私は65年間、試練を糧にして生きて来ました。母が亡くなった時も、大学になかなかは入れなくて2浪した時も、会社を理不尽にクビになった時も不思議と自暴自棄にならなかった。「天よ、我に艱難辛苦を与え給え」です。

いつも自分の居場所をマイナス地点に置いていれば、頑張って少しプラスになった時の喜びが大きいです。しかし、またすぐマイナスに戻ってもここが俺の常設居場所だと思えば平常心で生きられます。

仕事があることが一番幸せです。生活費を稼ぐ仕事を終生持っているということはそれは非常に恵まれた人生です。生活費が稼げなくてもそれでもよいかも。

毎日、ペットに餌をやらなければペットが飢え死にする、あるいは庭の草花に水をやらなければ枯れてしまう、近くの借りているハウスに行って収穫しないと農作物が全部ダメになる等毎日やることのある人は幸せです

若者や働き盛りの独身率が増えているのは、恋をして、家庭持つよりも日々の仕事の方が面白いからかも知れません。気が付いたら、あらもう50歳だよ私は。

人生は、仕事は当然試練を伴います。悩みは尽きません。その悩みや課題を少しずつ解決しながら進んでいきます。そしたら次の試練がやって来ます。永遠に続きます。死ぬ日まで。何が幸せかというと試練を乗り切り、次の試練が来るまでのひとときの時間が嬉しい。自分で自分を褒めてやれるちょっとの間の幸せです。

時々、「僥倖」で凄いラッキーを得る人がいます。誰もが羨ましく思います。しかし、不幸です。その日をピークに落ちていくだけです。落ち方も激しく、その落差はむしろ哀れを誘います。

小波に上手に乗りながら、時々来る大波をかわしながら、スイスイとは行かない人生を生きるのが一番幸せでしょう。

posted by tk at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする