2017年09月13日

人生は最後までテストマーケティング

昨日は岡山県商工会連合会主催の食と農ビジネス塾8回最終回でした。今年度も優秀な受講生が多く、ドレッシング開発を含め、多くの成果がありました。

私はこの仕事を始めて、25年になります。農産加工食品の商品開発支援の仕事をしていますが、一番難しいのは商品開発ではなく人材育成です。

ずぶの素人に食品の開発を教えます。大企業のように商品開発手法を学んでいるわけではありません。漬け物つくったり、餅をついたりです。その方々にドレッシングやレトルト食品の製造方法を教えます。

最初は現状肯定から入ります。今、やっている商品づくりで十分なんです。なかなか上手ですねと。誉めることから入ります。否定から入ると入門者は怖がって萎縮してしまいます。

そうして商品開発レベルが上がってくると、私の教え方も評価も段々厳しくなっていきます。

その時点で誉めに慢心した人たちの中には自信過剰になって人の言うことを聞かない人が出てきます。8割は自分の考えで行動してもよいですが、2割は人様の話に耳を傾けた方がよい。

人の話を聞く謙虚さが必要です。でも人の話をあまりにたくさん聞くと自分を見失ってしまいます。誰の話に耳を傾けるかが大切です。

それでもわからない時はテストマーケティングをします。テスト販売です。その結果を見ながら少しずつ修正していきます。

商品開発、発売は終わりのないテストマーケティングです。完成することは永遠にない。ずっと修正を続けていきます。

人生もそうです。死ぬまでテストマーケティングなら楽です。テストマーケティングと本発売はどこが違うか?修正できるかできないかです。そしたら誰もが修正できるテストマーケティングを選びます。
posted by tk at 06:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする