2017年09月10日

伊都菜彩小金丸氏登場

昨日は大阪府豊能町就農支援塾の農業技術習得セミナーと農業経営セミナー第5回目でした。

農業支援塾は通常、午前7時から農作業開始ですが、昨日は午前8時からでずいぶん楽でした。天気は相変わらずかんかん照りとは言え、日差しはずいぶん優しくなって来たような気がします。

最初に植えたミニトマトがそろそろ終わり始めました。美味しいということで農産物直売所志野の里では人気商品になりました。あと、1週間は収穫できそうでしたが、根を引き抜いて終わりにしました。

次に植えた枝豆は順調に育っています、出荷も順調です。さといもは収穫までもう少しかかりそうです。

先月植えたキャベツも順調に育っています(写真左)。昨日は白菜とレタスの苗を定植しました。さらに畝立てして大根とかぶの種まきをしました。収穫は冬ですね。

塾生が言っていました。本セミナーで残った苗をもらって自宅で植えても育たなかった。それが3回目から生育するようになった。どうしてだろう?自分の力で育とうとする生物の力を信じるようになったらちゃんと根付き生育するようになったと。ある意味、この話は極意ですね。「育とうとする力を信じる」

午後の農業経営者セミナーはJA糸島直販部長で農産物直売所伊都菜彩のトップである小金丸さんに登場願いました(写真右)。

私の同郷のよしみ、高校の同窓という関係で登場していただきました。新規就農を目指すセミナーなので伊都菜彩の話に加え、伊都菜彩に出荷して十分めしが食えている出荷農家の話もしてもらいました。

農産物直売所伊都菜彩の誕生のきっかけは何か?についての質問がありました。行政からの働きかけ、あるいはJA内からの自発的な発想から?

小金丸氏の答えは「JA糸島の中から農家特に高齢農家、小規模農家の経営支援策として」という明確な答えがありました。伊都菜彩は国の補助金は一切受けていません。金融からの借り入れ資金調達で行っています。
20170909_085143.jpg20170909_151207.jpg
posted by tk at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする