2017年06月08日

もし青い森ワンドが東京にあったら

昨日は青森市の青い森わんど(潟Gイ・ワンド)を訪ねました(写真上左)。経営者は高森暖(のん)さんです。

暖さんは理容師でずっと理容店をやっていました。その時にアトピー・皮膚炎で苦しんでいるお客さんが多いのに、気がつき、りんご鹿角霊芝を使った石鹸を開発して、理容店で使い始めました。

お客さんから売って欲しいという要望が増えて、販売し始めました。当初は雑貨で販売していましたが、話題になり、化粧品製造業の営業許可が必要になりました。

さらにりんご鹿角霊芝は化粧品原料として登録されていないため、使用ができないため改良に改良を重ねて現在のブルボア石鹸とリップクリームが誕生しました(写真上右)。

青森と言えばりんごです。暖さんは大きな病気をした時に毎日りんごを食べて健康を回復した体験を持っています。

次はりんごを使用した調味料・りんごみその開発に取りかかります。この製造ヒントは経営コンサルタントの加藤哲也氏のアドバイスによるものだそうです。

当初はりんごとみその組み合わせに多くの人が戸惑いましたが、試食販売で浸透していき、読売新聞、日本テレビで全国掲載、放映されてからこの会社の存在が世に出ます。現在は調味料は7アイテムに増えています(写真2段目左)。

暖さんはブランド戦略が上手で、調味料は「りんごde食卓」です。ビューティは前述の「BLEUBOIS(ブルボア)」です。意味は青い森です。

高級ジャム、ピクルスのブランドは「Mrs.Ringo(ミセスりんご)」です(写真2段目右)。「リンゴタイム」は干しりんごとジュレのブランドです(写真3段目左)。

「RINGOPOCKET」は津軽のこぎん刺しのブランドです(写真3段目右)。暖さんは理容師なので手先が器用でこぎん刺しもできます。

店内には豆しぼりでつくった自作の暖簾(のれん)や掛け時計が飾ってあります(写真下左・右)。

こういったショップを東京で表現するとどうなるでしょうか?大いに興味のあるところです。
20170607_103706.jpg20170607_112153.jpg20170607_111939.jpg20170607_112017.jpg20170607_112223.jpg20170607_112212.jpg20170607_112110.jpg20170607_112049.jpg
posted by tk at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする