2017年05月19日

(社)エクセレントローカル社員の募集

(社)エクセレントローカルの社員(構成員)募集を始めます。こちらの方から「社員になって下さい」とご案内申し上げます。公募はしません。

案内をする方々や事業者の入会依頼ポイントはその候補者の活動や事業がエクセレントローカルであるかどうかです。

私と付き合いのある方々で「この方や事業者はエクセレントローカルだ」と思う方々に声をかけさせてもらいます。

でも加入しても年会費のお金がかかります。それに見合う便益をお返しする保証はありませんので無理に加入する必要はありません。

加入しないことで私との関係が険悪になることもありませんので、これはちょっととためらわれる方は遠慮なくお断り下さい。

さて、本題。昨日は長野県木祖村日帰りでした。今年度、月1回ペースで行くのは木祖村と大阪府豊能町です。さらには宮崎県のある町がそうなる可能性が高いです。

いずれもコンサルティングが仕事です。会社の代表を下りたので、講演、講演、セミナー、セミナー講師の忙殺スケジュールからは少し解放されます。

今後は私の活動は農産加工食品の開発支援、販路開拓支援から農林畜産水産業の1次産業の振興までウイングを広げたコンサルティングに軸を移しています。年数も3〜5年間はかかる仕事です。

上記、3町の共通点は事業の最大の推進者がトップの町長であることです。こういったトップがいれば職員も動きやすいです。成功する確率もきわめて高いです。

シナリオも共通点があります。道の駅や農産物直売所のような出口をつくり、そこで販売する農産加工食品を開発して、その原料に地域農産物を使う、あるいは道の駅・農産物直売所で地域農産物を直売するというものです。

私が当初から提唱している地域6次産業化の実現です。
posted by tk at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする