2017年05月16日

滋賀県日野菜が料理で登場

昨日は潟Xペースワンの方々と会食でした(写真上左)。知人がここの小林康宏社長と親戚でその紹介です。福島ドローンスクールを経営しています。

合わせて福島県の農産加工食品をウェブ販売しています。昨夜の会食はその農産加工食品もテーブルに並びました。福島県は果樹・畜産等の大農業県です(写真上右)。

ドローンは小林康宏さんの所属するDUIDA(日本UAS産業振興協議会)と先日来店してくれた青学大教授小林一郎氏が理事長を務めるDPA(ドローン操縦士協会)が2大団体だそうです。

今後の活用の可能性が高く、日本全体で2000人の操縦士が誕生しているそうです。私もと思ったのですが、会社の社長を降りて以来、趣味の世界が増え過ぎでドローンは少し様子見です。

昨日の会食は銀座ELでした。昨夜は旬の食材の滋賀県の日野菜が出ました。収穫時期が短く、収穫されたらほとんど漬け物の「日野菜漬」になります。

かって10年ほど前に、日野町商工会の依頼日野菜の特産品開発支援を当社がしていました。地ドレッシングのハシリである「日野菜ドレッシング」はこの時に生まれました。

日野菜は細いかぶです。その可食部が上部が赤色、下部が白色です。これを摺るときれいなピンク色になります。このきれいなピンク色で今でも「日野菜ドレッシング」が人気商品です。

日野菜はJAグリーン近江が栽培振興して積極的に販売しています。注文票が送られてきたので早速注文しました。

昨日JAから送られてきた日野菜の段ボール箱のロゴは10年前に野口がデザインしたもので野口も私も嬉しくなりました。

私も野菜の日野菜を食べたのは初めてです。短角牛のしゃぶしゃぶ(写真下左)と野菜の煮物(写真下右)に使われていました。とても美味でした。

最近充実してきた銀座ELの日本酒と相性ぴったりでした。
20170515_191416.jpg20170515_190227.jpg20170515_204811.jpg20170515_194915.jpg
posted by tk at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする