2017年03月21日

歳を取って肉体改造できるか?

最近、ジーパンが入らなくなりました。大腿部がパンパンになります。でもベルト部はむしろ細くなっているのでいうことありません。さらに上着・シャツを着た時に背中が窮屈になり、力を入れると張り裂けそうになります。

すべて計画通りで両方とも筋トレの効果が出てきました。今月号の日経ヘルスも「3週間で柔らかくなる本物のストレッチ」を特集しています。特に肩甲骨まわりと股関節に焦点を合わせています(写真左・右)。

私もこの2ヶ所をやっています。まず、股関節ですが齢を取ると下半身が弱ってきます。

5年前に右膝を痛めました。2年前に空手を始めましたが膝をかばいながらです。1年前には右下腹部と右大腿部の結合部の腸が突出してヘルニアがなりました。

去年の12月のヘルニア手術がまく行き、ようやく完治です。それで股関節のストレッチを始めました。

空手の四股立ちのまま背筋を伸ばして両ひざの屈伸運動をします。苦しくなると体が前に倒れてくるので壁に背を平行にしてやるのがよいです。

どこでもできます。新幹線の扉のところ、空港のロビー。ところ選ばす、なりふり構わずです。おかげで駅の階段がエスカレーターが必要なくなりました。

また、都内の地下鉄・電車は立ったままです。大腿部の外側の筋肉が鍛えられて太くなってきます。それでジーパンが入らなくなりました。

肩甲骨は今大変ブームです。これは猫背解消のためです。ダンベルで背筋を鍛えるのがよいです。さらに、両手を後ろに回して背中で両手を合わせて拝み手をするのがよいです。背筋が伸びます。これは肩甲骨まわりの筋肉を増強するので上着やシャツを着た時に張り裂けそうになります。肩こりが一気に解消されます。

空手をやるにはまず肉体改造から。私の肉体改造は着々と進んでいます。筋トレに年齢はないようです。
20170321_071122.jpg20170321_071105.jpg
posted by tk at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする