2023年02月09日

中小企業は社会構造の蚊帳の外

私が起業して今年で30年になります。マーケティング事務所キースタッフの個人事業から始めました。

食と農のコンサルなので講演セミナーはよくやりますが人様のビジネスモデルや事業のすばらしさを語ることは多いですが、私が自分の会社の歴史や今までやって来たことについて語ることはあり得ません。

しかし、30年が経ち、私も私と私の事業と私が歩んだ道について話してもいいような気になっています。キースタッフは等身大です。中身は世間様が見たままで仕事も公表している事業内容以外は何もやっていません。

最近、中小企業と大企業は違うなと実感することがあります。中小企業は会社は経営者と従業員のものです。それに対して大企業は株主のものです。社長も社員も株主の配当のために存在し、働いています。

そう思うと同じ株式会社の名刺を持っていますが中小企業の株式会社と大企業の株式会社はまったく別物です。

大企業は経営会議の中に社外取締役の設置が義務付けられています。概ね1/3の人数です。ある大企業の社外取締役の経歴を見るとアメリカのコンサル会社、投資会社、銀行、証券会社等の経験者が名を連ねています。

株主の利益を守るというのがその目的ですが、誰かがこれら金融・投資のプロを社外取締役として、その会社のボードメンバーに入れ、そそのかせば会社は乗っ取れます。この会社を狙っている投資会社は会社の株に投資し、買い占めることができます。

そして20%程度株を取得すればその会社は事実上支配できます。トップには長年その会社で社長になりたくてしょうがない人畜無害社員をお飾りに立てれば外見は変なことにはなりません。

テレビを持っていない私が2〜3日前にテレビのある居酒屋で酒を飲んでいました。そこに日本の詐欺グループがマニラの刑務所から移送されて来るのが流れていました。一緒に飲んでいた人が先月末端の連中が捕まり、今度は幹部・元締め逮捕だと言いました。

いやいや私の見立てでは今度捕まったのは先月捕まったのが平社員とすると会社では係長程度です。まだまだ部長クラス、役員クラス、さらに経営者と幾層にもなっています。そしてそのトップは誰も知らない。組織的犯罪とはそんなものです。

ある宗教団体の信者から献金が社会問題になっています。そして宗教団体のトップが槍玉に上げられています。しかし宗教団体に上納させている見えない組織があるはずです。そしてそれを語るのはタブー中のタブーであり、それはまさに闇なわけです。

朝から妄想を書きました。鳥巣研二、カネと力はなかりけりです。お許しください。


posted by tk at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月08日

成長とは自分の新陳代謝

そう思いたくないですが過去の体験や経験がこれからの決断や一歩を邪魔しています。

仕事をするということは結果を出さなければいけない、そのための準備、コミュニケーションツール等知識の収集や整理、そしてそれから結論の導きといった風に膨大な知識と経験の集積とその活用・具現化と考えがちです。

経験の足し算、掛け算、複雑化、精度等相当のエネルギーを必要とします。だから新規の仕事にはみんな取り掛かりに時間がかかります。尻が重くなります。逆に言うと過去の知識と体験が邪魔をします。

逆のやり方があるような気がします。現状持っている情報やデータの廃棄から始めること。掃除から始める。頭も空っぽにする。今までのノウハウの蓄積を全部捨てる。

何かを得る膨大なエネルギーよりも捨てた方が精神的は楽になります。まず捨てる。廃棄は快であり、排便はエクスタシーです。脳みそが新しい配分に集中できます。

何か重大な仕事にかかる時は情報の収集よりも今持っている情報の廃棄からやると気持ちよく動き出します。

でも捨てることは優先順位がつけられないと捨てられない。捨てるための納得と戦略的シナリオが必要です。何を捨て、何を取るかがまさに戦略です。捨てるべく準備をしているとその道筋で新たな発想が湧いてきます。

行動はまず自分を身軽にすることから始めた方がよいです。空手も引き手からですかね?攻撃、攻めはまず捨てる・引くの流れのプロセス上に沿っていると思います。捨てる・引くエネルギーの反転で攻撃の戦略ができる気がします。

当社の仕事は1年仕事がほとんどです。いったん3月に無になります。ゼロになります。そこから今年度の仕事を得て行きます。しかし、昨年の過去の仕事で得たノウハウは体の一部になって肉となって身についています。1年経てば倍加します、2年経てば3倍化します。

成長とは蓄積ではなく、自分の中の新陳代謝です。それが齢を重ねると捨てるのが恐い、ずっと握り締めて自分を身動き取れなくしています。災難が来た時も身軽であればいつでも逃げられるのにあるいは立ち向かえるのにわざわざ自分の役にも立たない過去の実績と知識ががんじがらめにしています。

過去が将来を邪魔している。年寄りになってそう思いたくないけどそれはやっぱり当たっているような気がしています。



posted by tk at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月07日

ボロは着てても心の〜

昨日会議で話していて気づきましたが、当社(キースタッフ)は今年で創業30年になります。30年前の9月ですね。当時は創業したと思っていません。突如として会社をクビになって(7月下旬)、行き所を失くし、毎日、千葉市図書館にこもって1ヶ月考えて起業することにしました。

39歳の時ですから、今年3月で69歳なので間違いなく30周年です。今のスタッフの半分以上が30歳前後なので彼らが誕生した頃にキースタッフの原形も誕生しました。よくまあ30年も持ったものです。

最初は死に物狂いで働いてせめて子供を育て、学校を出すまではと思っていました。それだと今頃は孫と遊べたのにいまだ孫おらず仕事をしています。

当時の妻も今は他人になっています。ローンを払い終えた一戸建て住宅が佐倉市にありますが、マルイチになってから立ち寄ったこともありません。

ところでよく見ていると事業や人生を失敗する人は見栄っ張りの人が多いです。あるいは目立ちたがり屋とも言えます。ええかっこしいとも言えます。

流行の服と髪型、話題のクルマ、テレビに出て来る高級マンション、そういったことにもの凄い生活環境を見せている人がいます。それが実力ならよいだろうけど、危うい借金でやっている人も多いようです。

自己破産した人を見ているとこういった見栄っ張りが多いです。「ぼろは着てても心の錦」タイプで自己破産した人はあまりお目にかかりません。見栄っ張りの人はコンプレックスのかたまりとも言えます。着飾ることで自分のコンプレックスを隠しています。

四半世紀前にある回転すしチェーンのコンサルを頼まれました。経営難に陥っており、融資銀行からの依頼でした。そこに行くと幹部の部長たちは高級車に乗り、ゴルフのクラブはオーダーメードです。

しばらくすると破綻して弁護士が入って来ました。その弁護士が教えてくれました。「この連中、みんな多重債務者でサラ金、闇金を借りまくっているんだよ、会社も食い物にして来たんだよ、超ワルどもだ」

う〜ん、社員が会社にたかっているそれじゃ潰れるわ。創業30年の歳月の中でこんな現実を見ながら経営して来ました。

posted by tk at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月06日

世のお役立ちは無償で

食品加工場や道の駅等農産物直売所が建設されるとなると当社のような会社はこの施設が採算が合って、継続的に存続する施設になるのを願ってコンサルのお手伝いをします。当たり前のことです。

ところがいろんな会社・業者がいてそういった情報を得るとその建設等を自分のところで請け負おうとして動き始めます。特に食品設備・食品製造機器を知らない設計屋や建築業がただただ仕事欲しさに手を挙げて来る業者がいます。

行政機関も最近は入札等の公開手法で業者を決めるのが一般的です。

ある地域である農産物の産業化の仕事をして、新商品を開発してその発表会をやりました。その時に新商品の試作等で当社と連携している設備機器会社の社長も同行しました。

2日前にその社長がぶったまげて電話を寄こしました。地元のコンサルから「新しい食品加工場を市と一緒にやることになったので必要設備機器と図面を出して欲しい」。

社長からの連絡で市役所に真偽を聞いたら全くの「寝耳に水」でした。この自称コンサルは私も面識がありますが、胡散臭いので相手にしていませんでした。役所の経験のない職員の中にはこの男に騙されているなと思う職員もいます。

こんなコンサルや設計士や設備機器業者が暗躍しています。これでは地域の農水産物を活用した食品加工場などまともにつくれるわけがありません。

昨日、古い付き合いのシェフに現在当社が動いている熊本県のジビエ鹿肉を持参しました。それと石垣島で栽培振興しているピパーツを持参しました。食事が終わり、話ができるようになったのでこの2つのサンプルの評価を依頼しました。

このシェフとは10年来のつきあいです。過去、料理の評価・試作のお礼をしたら返金して来ました。奥さんが知り怒られた言うことです。

「パパ、お金もらってやるんだったら止めなさい。地域の人に本気でお役立ちしたいのなら無償でどんどんやればよい」いい奥さんですね。こんな女房を持つと男は成功します。

私もその時は恐縮しましたが、その後はずっと無償でご協力いただいております。せめてたくさん食べて、たくさん飲んでお店に貢献しようと思っています。
posted by tk at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月05日

あなたの会社は大丈夫?

大企業が従業員の質で倒産することはまずありません。大企業はまさに法人であり、従業員も金太郎飴だからです。しかも企業に根付いた風土・文化があります。野性味はないけど安定感があります。

一方、中小企業、零細事業者は人で倒産します。パターンは2つあります。1つは経営者の公私混同、会社の経費を私的交友や私生活の経費に流用している場合です。それを構造的にずっと行っている企業は必ず潰れます。

わかり易い表現で書くと社長がレジから万札を数枚引き抜いて遊びに行っている会社です。あるいは一定金額を給与とは別に引き抜いてそれを経理に計上していないところです。

何に使っているか?前者はオンナかギャンブルの場合が多いですね。おねえちゃんに狂ってお店通い、パチンコ屋入り浸りも結構います。後者は公私混同の高級車購入をローンを組んで会社のお金で返済している等です。もう少し大規模になると会社のお金で投機を行っている等です。

中小企業の経営者はまず自分の給与が払えなくても従業員の給与を最優先することです。しかも残業代とか出張経費もちゃんと速やかに処理する。そして足りなくなれば自分の給与を貰わない。

メシ代がない、いいじゃないですか?ダイエットになって。外出するお金がない、いいじゃないですが昔の本を書庫から出して来て読書にいそしむ。何か自分のことを書いています。

中小企業の2つ目の倒産の原因は従業員の不正です。直接的にお金を横領するのは犯罪ですが、そこまで行かなくても働かないのはこれまた間接的な給料の横領です。

このパターンが多いです。会社のトップや上司の指示を聞かない、無視して外出して外で何をやっているかわからない。報告・連絡もない。これも確実に会社を倒産に導いています。お前の会社のことか?あははは、既にクビにしています。

経営者が不良社員の不良ぶりに気が付いていない。そして不良社員を解雇する度胸も勇気も社長にない。これが最悪のパターンです。

さあ、あなたの会社は大丈夫でしょうか?
posted by tk at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月04日

嘘をつくと身を滅ぼす

先週は宮崎でここ5年間のセミナー受講者と会っていました。みんな苦境の真っただ中にいます。それでも元気で懸命に生きています。コンサルは元気づけが仕事ですが、こっちが元気づけられます。

社会保障費を上げろと政府に迫っている人はある意味、無責任です。みんな末端のどん底で地を這うように、でも自分の2本の足で立っています。自立しています。どん底倶楽部はいいですよ、真っ正直な人間ばかりです。

コロナの収束と共に経済が動き出しました。動き出したということは政府のお金で下駄をはかせてもらっていた部分がなくなります。身の丈で生きて行かなければなりません。

よく出張します。コロナ中は恐縮するほど安かった料金が3〜4倍になっています。ビジネスホテル4,000円が16,000円です。同じ部屋なのに。これをぼったくりと言います。今はまだ政府のゴーツー何とかのキャンペーンがあるのでピンを上げる強気の料金設定になっています。

でもこんなことを露骨にしていたらビジネスホテル業界は間違いなく3〜4割は倒産します。コロナ明けが大切なのに。お客様に誠意を見せるよい機会なのに。経営は信用です。一攫千金は経営ではありません。

嘘はばれます。かく言う私も若い頃はよく嘘を言っていました。嘘でごまかして逃げる場面も多かったです。嘘つき鳥巣研二。そうするうちに一見さんなら嘘で逃げられますが、常連の長く付き合う人にはその手法は通じません。

必ずバレます。そして信用をなくします。ある時からどんな酷い評価を受けてもよいから嘘をつくのを止めようと思って行動するようになりました。ごまかさないで正直に言うと人は許してくれるということがわかりました。

嘘をつかないのが人生のコストが一番安いというのがわかりました。嘘をつかなくなると人様の嘘も見えるようになります。するとこっちも嘘に乗らなくなります。人間が見えるようになります。

このコロナ下の断末魔、嘘をついて近づいて来る人が増えました。嘘で瞬時は逃げられても必ず身を滅ぼします。

数年前ですが、セミナーの受講者にも嘘をついて、カネを騙し取って行方をくらました女子もいます(今セミナーをやっている宮崎県ではありません、宮〇県です)。今、どこで何をしているのか?少なくても表社会からは姿を消しています。嘘の代償はあまりにも大きいです。


posted by tk at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月03日

寿命は延びたが社会は破綻

農水省の中山間所得確保事業の案内で、鹿児島にやって来ました。中山間地域は農地も狭く、場所も山あいの不便なところにあり、そこでコメをつくると補助金が出ます。その補助金が出てもそれでも誰も作らなくなっています。プレヤーがいない状態です。

それではとコメに代わる作物の導入ということでこの事業があります。当社は全国の中山間地域で2年間この事業をやっています。この出張も来年度もこの事業に手を挙げてもらうためのものです。

しかし、ここに来て廃田、棄田が急速に進んでいます。中山間地域にはもう耕す人がいない状態です。平均年齢70歳代の集落が平均、通常です。その人達も実家が農家だったけれど、自分達はサラリーマンで、実際の米づくりは作業委託しており、コメは作れない人がほとんどです。

できるのは自分の家の管理と集落の共同作業くらいです。ましてやコメに代わる新しい作物を導入と言ってもその意欲さえ出て来ません。このまま行けば確実に10年後はそういった集落は破綻、消滅します。

寿命が延びて定年帰農で60歳から実家に戻った人たちです。その人たちの多くは戦後のベイビーブーマー、その後の高度成長期を生きた人です。年齢は75歳半ばです。いくら元気でも10年以内にその労働力は確実に消滅します。

働き手を海外に求めており、この町も昨年12月には今まで300人だった外国人労働者が450人一挙に1.5倍まで増えました。その後、このペースで増えると2〜3年後は確実に外国人労働者の数の方が日本人を上回ります。

あるレストランに入りました。大型店ラッシュの頃に作られたこのお店はそれなりにお客さんが入っています。席数全体の7〜8割程度の入りです。しかし、実際に食べている人よりも料理が出来上がるのを待っている手持ち無沙汰の客の方が多いです。

つまり席数は多いので入店は可能ですが、厨房のコックが1〜2名です。オーダーしてから料理が来るまでに1時間待ちです。このお店もオペレーションは事実上、崩壊しています。

お客も大半が高齢者、かってファミレスといえば子供の声がうるさく、閉口したものですが、現在は何の声も聞こえません。ただ料理を待つ高齢者の集団がそこにいるだけです。

個々人の寿命は延びたけれど社会は終焉に向かっている気がします。

posted by tk at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月02日

同じ趣味・興味だと話す機会が増える

昨日もJALの客室乗務員が話しかけて来ました。昨日は私が読んでいたジビエの本が面白そうと言うことでです。

彼女曰く「私はサシの多い牛肉は食べられません。鹿肉が大好きです」「野鳥は?」「野鳥も大好きです」「お客さまの本の表紙の鹿肉の写真を見ていたらよだれが出てきました」

JALの海外便の客室乗務員なら世界を飛び回っているのでヨーロッパや北米のジビエ事情には通じているだろうからこの会話は驚きませんが、彼女は国内便の客室乗務員なのに、この趣味にはびっくりしました。

また私が常用しているアロマオイルの件も話題になりました。「いい匂いですね」と彼女言ったので10数アイテムを入れて持ち歩いているアロマバッグを見せました。

今年度、10回程度石垣島に行きましたがその時もJTAの客室乗務員がその私のアロマオイルに反応して声をかけて来ました。彼女とはその後2回、偶然にも奇跡的にも合計3回もフライトで会いました。彼女の趣味はアロマオイルと香辛料とアーユルベーダだと言っていました。

3回目会った時はちょうど試作中のピパーツ粉末のサンプルを持っていたので、あげたら客室乗務員4名で分けたようで他の客室乗務員もお礼に私の席にやって来ました。

私が女子と会話をするのは仕事関係で会社のスタッフとセミナーの受講生くらいです。一般的な女子と会話することはほとんどありません。ましてや違業界の女子と話すことは皆無です。

そのほとんどない中で話したのが客室乗務員ばかりなのは光栄を通り越して驚きました。彼女達は世の中のトレンドに対して敏感です。そしてそれを生活に取り入れています。

私が最近、興味を持っているものや趣味は空手です。アロマオイルも大いに興味があります。そしてジビエは何とかビジネスにできないか?と行動を始めました。

でもさすがに空手で声をかけた人はいません。それはそうです。飛行機の中で空手の形(型)をやる人はいません。でもわかりません、彼女達も休日は空手の稽古にいそしんでいるいるかも知れません。

それにしても話しかけて来る客室乗務員も大胆です。それを認めている航空会社もなかなか粋です。こういった話を地上もっと聞く機会があれば加工特産品も何を開発すればよいか?が湧いてきます。
posted by tk at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月01日

生き延びる道は必ずある

当社が宮崎県ひなたMBAフードビジネス部門を受注するようになって5年目、その中でアワード企画を導入して4年目を迎えます。今年度は当社の県からの直接受注ではなく、その間に大手広告代理店が入りましたが、細かい実務は従来通り当社がやっています。

この企画の総仕上げのイベントであるアワードが近づいて来ました。この企画の審査員には主催者である当社は入っていません。当然、私も審査員ではありません。審査員は全国レベルの審査員、宮崎県で活躍する食のプロの先生たちが審査します。

同時にMBAフードビジネス部門は年間通して実施するイベントでアワードだけではなく、商品開発・販路開拓セミナーや現場指導、個別経営相談も設けています。前者のアワードは一発勝負ですが、セミナーや経営個別相談は年間を通して開講しています。

この5年間で卒業生は200人を超えています。主催者の私どもも受講生はよく把握しており、その後もお付き合いがあります。正直に書くと一発勝負のアワードと同じ、それ以上に主催者の当社はセミナー、現場指導、個別経営相談に力を入れています。こっちは私も担当しています。

アワード審査はオープンで当日は私も観客席でその動向を見ています。結果が出ると当日の応募者は入賞すれば嬉々とし、落選すれば悔しい顔をして立ち去ります。その時に私の顔を見て去って行く人が結構います。

入賞しなかった悔しさをこのアワードの主催会社の代表である私に怒りをぶつける表情です。当然、私はこの審査には何も関与していませんが。

しばらく経ってから、とみに5年経った今年度、セミナー、現場指導、個別経営相談の受講者から私に非公式(秘密裡に)に経営相談が来ます。ほとんど倒産・廃業と背中合わせの悲鳴です。

ここからが私の出番です。この危機をどう脱却したらよいか?その相談フィーはもちろんMBAフードビジネス部門予算には計上されていません。私の無償活動ですが、でもそれが鳥巣研二が必要とされる最大の業務です。

コロナは予想以上に現在経営者を苦しめています。廃業倒産といった惨事は他人事ではなく、我々を襲っています。どう生き延びるか?お金がない中でどうやって手を打つか?まさに修羅場です。

私も自分の会社の覚悟はしています。同時に可愛い受講者達ともその苦楽を共にするつもりです。絶体絶命のピンチをどう脱却するか?そのためのひなたMBAであるはずです。生き延びる道は必ずあります。



posted by tk at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

なぜ借金が怖くなくなったか

私は所得も低いですが、反面、私生活は無借金です。ですから切り詰めると今の所得でも生きて行けます。独り者ですし。会社は借金がたくさんあります。経営コンサルタント会社とは思えないくらいあります。

理由はやっぱりコロナの影響です。3年前から借金が一気に増えました。返済するのにどのくらい?私の考えは会社経営が冴えなければずっとこの借金は続きます。

借金返済の見通しは?会社が回復基調になれば10年くらい?、好調路線に乗れば5年、思いがけない僥倖の仕事を受注すれば3年でしょう。借金というのはこんなものなのです。

いくら堅実経営といっても中小企業は健全経営になれば借金くらいどうということはありません。逆に言うと返せるくらいしか貸してくれないとも言えます。

借金は地獄か?天国か?ドリームか?借金は地獄と思えば地獄です。その先は万歳して天国へまっしぐら。これじゃたまらん。借金は夢です。ドリームです。会社を大きくして発展させるための最高級の手段です。

個人でやっていればソロです。ソロのアーチストはやっぱり凄い。なぜならアーチストだから。会社経営はアーチストではありません。社会活動です。

会社をやっていると少しずつ仕事が増えてくれば一人ではできなくなります。それで社員を雇い入れます。少しずつ人が増えて来ます。やがてオーケストラになります。そうなるとソロだったアーチストも一員になります。全体の調和の中で貢献します。

企業も同じです。企業が発展するためには全体はオーケストラにならなければなりません。アーチスト集団だけでは優秀な企業にはなりません。必要なのは優れた1つのオーケストラになることです。

個々は有能なアーチストです。自分の能力だけで生きていくのであればソロ活動を完結すればよい。

オーケストラには指揮者がいます。その指揮者の棒(タクト)がすべてです。この棒がオーケストラを動かしています。この棒をちゃんと見ているか?この棒に従って個々の持ち場が動いているか?

当社は私が個性的なスタッフとつくることを目標に経営して来たので若くてみんな個性的です。それが最近、1つのオーケストラとして機能し始めました。だから借金も怖くなくなった、引退の時期を考えることができるようになりました。
posted by tk at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする