2017年02月24日

自分で必要さがわからない限り

昨日は沖縄県離島マーケティング等支援事業の成果発表会でした。目的は離島にある食品製造の小規模事業者や中小企業の県外販売を促進するために商品開発や商品ブラッシュアップ等を含め支援しようとする事業です。

すでに5年間やっており、私の親しい企業もこの事業を受けて育っています。

沖縄本島は人口も増えており、元気な県です。離島はといえば石垣島、宮古島は人気の島です。島暮らしをしたい本土からの移住者も多く、素敵なショップやレストランがあります。

一方、多くの離島は「生活島」です。さとうきび栽培のような農業で生活しています。もちろん、農業だけでは生活できないので若者の離島(島を離れる)は多く、高齢化、人口減に悩まされています。

内地の沖縄特産品ブームは下火です。多くの人々がもう沖縄の特産品を経験、体験、食しており、もの珍しさがなくなりました。

そして、沖縄ブームを牽引してきた商品に代わる商品が生まれて来ません。特に原料が注目されるなかで、沖縄で栽培された新しい原料が出現しません。沖縄産といえば人気が出るのはわかっていますが。

農業も那覇を中心に沖縄の景気はよいので県民向けの内需型生活野菜の生産が盛んです。沖縄の農産直売所の野菜が新鮮で、種類が多いことにはびっくりします。いかなる内地の農産物直売所も沖縄の人気農産物直売所には負けています。

さて加工品ですが、沖縄離島の食品メーカーの弱点は「品質管理力」です。食品メーカーの技術部門の両輪は「研究開発力」と「品質管理力」ですが研究開発力というかいわゆる商品開発力はずいぶん進みましたが、品質管理力はこれからです。

意識が低いというよりも「品質管理」の重要さがわかっていないといった方がよいでしょう。離島の中で販売していればクレームが起きても「なあなあ」で許される。

内地に出荷した商品のクレームが出ても、沖縄は内地から遠いのでという理由でクレーム現場に駆けつけなくても許される。そういったことが「品質管理」に鈍感になっている理由です。そこら辺をどう教えるかです。
posted by tk at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

趣味は身を助く

昨日の午後から那覇にいます。那覇はずっと雨で本土の梅雨を感じさせます。一昨日、福岡でしたが東京に戻って昨日の夕方来るか、福岡で1泊して昨日入るか、迷いましたが同じことなので直接飛んで来ました。

最近は沖縄県内は離島も含め、1人で行動できます。昨日は当社のレストラン事業に続く、ビジネスの市場調査に当てました。

昨日の水・木・金曜日が那覇です。週末は東京にいますが2日間とも私が通っている沖縄空手明武館八木道場東京支部のイベントです。また、来週の月曜日は沖縄出身の方でこの道場に通っている女性グループが当社エクセレントローカルに来店してくれます。この6日間は仕事と趣味でずっと沖縄つながりです。

趣味と言えばある我が国を代表する百貨店の食品担当バイヤーがひょんなことから銀座エクセレントローカルに来店してくれて名刺交換して話していたら、大学時代、考古学専攻で、古代史ファンの私と話が合う、合う。飛鳥王朝の奈良県明日香村の加工特産品開発支援は当社がやっているのでご一緒しませんかと誘ったら、即オーケーでした。

「あすは神話の天孫降臨の地、宮崎県高千穂町に行きます」と言ったら羨ましがられること。その百貨店は2月最終週から1週間私の郷里の福岡県糸島フェアをやるそうです。

ここは当然、魏志倭人伝の「伊都国」です。ぜひ伊都国を訪れたいそうです。

今週月・火曜日は福岡市のコンサル会社を経営する都外川さんのところからの仕事でした。荒尾に行くまでの道中、太宰府(大宰府)を通ったので古代史の話をしたら、彼女が速射砲のように私の話題に返してきたので「趣味は何?」と聞いたら「考古学」だそうです。

彼女いわく「福岡県北部(筑紫)は古代史の上に都市が存在しているようなところです」全くその通りです。

最近、女性の古代史ファンは多く、セミナーをやっても2/3は女性だそうです。食と農と同じです。その人気の秘訣はミステリアスな世界だからではないでしょうか。

上記も2人とも女性です。空手といい、古代史といい、芸は身を助く、いや趣味は身を助く。
posted by tk at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

熊本県荒尾市のオリーブ

昨日は熊本県荒尾市で仕事でした。荒尾市は福岡県との県境あります。福岡県大牟田市と接しています。戦前戦後は炭鉱都市で栄えたところです。福岡県に接していることから生活圏は福岡県です。

昨日は荒尾市のオリーブ生産者組合員へのドレッシング製造講習会でした。日頃は単発の講習会はしないのですがオリーブからオリーブオイルを製造しており、ドレッシングの油として魅力があり、1日講習会を実施しました。しかし、ちゃんと販売までつなげるには来年度4回シリーズのセミナーをやったほうがよいですね。

久しぶりに高橋と私の揃い踏みになりました(写真上左)。講習は最初に私が「ドレッシング面白話」をしてから高橋の指導で製造実習です(写真上右、2段目左)。

オリーブオイルドレッシングは油が100%オリーブオイルのものと油の5/6は市販のサラダ油を使用して、1/6をオリーブオイルにしたものの2タイプを試作しました。

写真2段目右の右側がすべてオリーブオイルでつくったものですがそれはそれは美味しいです。レシピも荒尾市の新鮮玉ねぎをローストして、あとはコショーとにんにく・しょうがのみのオイル&ビネガータイプです。

荒尾のオリーブは10月に収穫して搾柚したらすぐ売り切れてしまいます。価格はなんと200mlで1万円だそうです。昨日の講習会にはすでにオリーブオイルはなく、荒尾のオリーブのルーツであるイタリアトスカーナ地域のオリーブオイルを使用しました。

講習会が終わり、夕暮れになりましたがオリーブ畑を訪ねました(写真3段目左)。オリーブオイルから石鹸も製造していますがやっぱりあっという間に売り切れだそうです(写真3段目右)。

オリーブ栽培振興で2年前に一般社団法人九州荒尾オリーブ村が立ち上がりました。その発起人である上園満雄さんに昨日は大変お世話になりました。

夕食をご一緒にということで地元の居酒屋に行きました。熊本ですから馬刺(写真4段目左)、豚足(写真4段目右)、ちゃんぽん(写真下左)等九州料理のオンパレードです。最後は講習会に荒尾以外から参加した受講者とショットです(写真下右)。
received_1835598173367765.jpeg20170221_161707.jpg20170221_165845.jpg20170221_165153.jpg20170221_182200.jpg20170221_182835.jpg20170221_202258.jpg20170221_191438.jpg20170221_193741.jpg20170221_201644.jpg
posted by tk at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

我々は危うい危険水域で生きている

今朝は博多で目を覚ましました。郷里でもあるこの都市は現在、那覇市、大阪市と並んで元気な都市です。明日からは3日間那覇なので今週は楽しい出張です。

昨日も飛行機が1時間以上遅れました。先週金曜日17日も宮崎から羽田に戻る便が1時間以上遅れ、あやうく羽田空港から自宅に帰る終電がなくなるところでした。

昨日も1時間以上遅れました。午後6時に福岡空港に着く予定が午後7時過ぎに到着です。金曜日も昨日も理由は「羽田空港悪天候のため」です。その時点で羽田空港界隈は電車も地下鉄もバスもあらゆる公共交通機関は正常運行しているのにです。

????です。問題は羽田空港自体のオペレーションがアンコントーラブルに陥っているということです。羽田空港の全体オペレーションを統括してコントロールしているところが実はないということです。

国土交通省の管轄する空港統括機関も飛行機を飛ばしている運行各社もそれに関連する空港関連企業もそれぞればらばらに動いており、狭い範囲の自分達の業務のみを陥っているからです。全体統括がいない。

極めて危険水域です。もし、羽田空港・成田空港で国際テロが起こったらたちまちパニック、無政府状態に陥るでしょう。

ある巨大なものが成長して来るとそれ自体が心臓を持ち、独自の生命で生きている状態です。人間がつくったしくみなのに人間のコントロールの域を超えてしまっています。

それは何も飛行場だけの問題ではありません。政府もそうだし、大企業もそうです。集中コントロールが不可能になっています。

お上のいうことをまともに聞いていれば幸せになれるという考えも嘘であることがわかりました。世の中は一生懸命働いて、税金を払っている人よりも税金を払わない人の方が経済的に豊かであるという逆現象が起きています。

政府も国民の方よりも、アメリカの意向に戦々恐々としています。そっちのいうことを聞いた方が政権の座に長くいられるからです。

そんなことを考えてもしょうがないので昨夜も仲間と楽しく会食しました。ここにだけ本当の世界があるということです。
posted by tk at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

お酒は飲まない生き方を学ぼう

今月は断酒日10日は早々ギブアップです。残り8日間ありますが、もう1日取れればよいでしょう。2月19日で現在で断酒日は6日間なので終わってもせいぜい7日間ということになります。言い訳すると2月は3日少ないから。

今月は銀座エクセレントローカルが盛況だったので毎夜、お店に立っていたのが断酒を減らした最大の理由です。2月はビックサイト、幕張メッセのイベントが多く、その出展者の親しい方々が当店で会食してくれたことによります。これは大変喜ばしいことで断酒どころではありません。歓迎しなくちゃ。

それにもう1つ、沖縄空手の稽古が多くなったのにもよります。今までは館長稽古と言って八木明人館長が月に1回土日にやって来て稽古をつけてくれましたが、それに加えてさらに自主稽古が毎週最低1回入るのでそれに参加すると稽古後はお酒ということになります。

酒はほどほどにとか、飲み過ぎなければ百薬の長と言いますが、やっぱり飲まない方が健康にはよいですね。

飲まないと翌朝、体調がよく起きた途端、実によく頭が回ります。アイデアがどんどん出てきます。私が頭がよく回るのは2つの場合です。1つは飲まなかった翌日ともう1つは喧嘩モードに入った時、喧嘩や争い事が起こると私は自分でも感心するほど頭がよく回る。相手を口でこてんぱんに叩きのめします。いわゆる好戦的な性格です。

しかし、大きな事を成す人や成功者はお酒を飲まない人が多いです。しかも一滴の飲めないという人が多いです。

お酒を飲んで人と懇親すれば、酔うと胸襟を開いて話すので仲良くなれる。人脈づくりにはよいという利点があります。

でも、酒は度を過ぎると感情の起伏が激しくなります。怒りっぽくなります。これが最大の欠点です。相手を傷つける前に、一人相撲で自爆します。自分で自分を傷つけてしまいます。

次の日に非常に落ち込んだ状態になることがあります。前夜はあんなに躁だったのが翌日は鬱状態です。自分で躁鬱の精神状態をつくり出しています。

ですからプラスマイナス考えるとやっぱりお酒は飲まない方がよいという結論になります。今からでも遅くないお酒を飲まない人からお酒を飲まない上手な生き方をレクチャー受けよう。
posted by tk at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ある日突然できるようになる

私は手先が不器用です。葉書を出した人から大きなのびのびした字ですねと誉められます。それは不器用なので小さな字がかけないのです。小さい頃から不器用でした。

家事はたいていのことはできますが、唯一苦手なのがアイロンがけです。ハンカチ、下着はクリーニングに出すわけにいかないので自分で洗濯しますが、下着はともかくハンカチはアイロンを必要とします。

ハンカチのアイロンがけができません。だからいつもくちゃくちゃのハンカチか、アイロン不要のハンカチを使っています。

私の親友が55歳の頃に奥さまを亡くして、家事をしていましたが「アイロンがけの時だけが無心になれて自分に戻れる」と言うのを聞いて「かっこいい」と思っていました。それから4年後に私も自分でアイロンをかける境遇になり、やってみましたがうまくいきません。

それでこの半年間はアイロンがけは止めていました。今日なぜ急に思い立ったかは温かくなって来たのでハンカチを使用する機会が増えます。いつもくちゃくちゃじゃみっともないから半年ぶりに試みました。

今日はうまく行きました。ほれぼれするほどちゃんとアイロンがかかりました(写真左)。なぜか?今までは上手にやろうと思っていたからです。今日はとりあえずくちゃくちゃのみっともない程度にアイロンがかかればよいと思ってやったらうまく行きました(写真左)。嬉しくなって今週の出張分をぜんぶやりました(写真右)。これからアイロンがけが楽しみになります。

人生・仕事に通じますね。人間は必ず失敗します。不完全につくられています。しかし、人間社会の競争は失敗の少ない人ほど優秀ということになります。減点が少ない人ほどよい大学には入れます。

この入り口が間違っています。失敗しないことが社会の評価につながるのなら誰も挑戦しなくなります。

多くを望まないでチャレンジすれば私のアイロンがけのように突然できるようになります。

銀座エクセレントローカルもプロの飲食業者には勝てっこないと思ってできることをやっていたら最近ファンが付き始めました。私のファンではなく、お店の店長とマネージャーのファンです。

この3年以内に私はもう1つ新ビジネスを考えています。これも未知の世界への船出です。これもまずできるレベルからやるということで始めます。
20170219_092518.jpg20170219_084117.jpg
posted by tk at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

昨日の受講者は何かやりそうな予感

昨日はホテル高千穂で眼を覚ましました。午前中は天孫降臨の地・高千穂町の高千穂峡を見物しました。写真上左は名勝・真名井の滝です。20年近く前にまだ私に家庭があった頃、家族で訪ねた記憶があります。あの頃と何も変わりません。多分、神代の頃から変わらない光景なのでしょう。

高千穂峡は熊本地震で崖崩れ、落石の危険があり、立ち入り禁止区域があります。

高千穂神社にも行きました(写真上右)。高千穂神社と並ぶ有名神社がくしふる神社です。ここは強いパワースポットであることを感じます(写真2段目左)。パワースポットは高千穂神社の中にもあります。だから天孫降臨の地になったとも言えますが。

それから上岩戸の佐藤孝子さんを訪ねました。佐藤さんはきんかんを栽培して、そよ風工房で加工して加工品も販売しています(写真2段目右)。併設してカフェレストラン「風の道」も経営しています。

また、佐藤さんはそれぞれ加工品ビジネスやカフェレストランを経営する4名の女性で(合)あまてらすの娘たちという会社を立ち上げ、地元「がまだせ市場」で農産加工食品を販売するなどの活動を展開しています(写真写真3段目左・右)。

ちなみに「がまだせ」とは熊本弁だそうでこの地域は熊本県に近いのでこの言葉を使うそうですが「元気を出せ」という意味だそうです。

セミナーは盛況で時間までに1人の遅刻もなく始まりました(写真下左・右)。私は2時間ノンストップでしゃべり、30分質疑応答をしました。このセミナー受講者は熱気があり、これから何かやりそうな予感がします。

帰りが大変でした。大幅に離陸時間が遅れました。到着地羽田空港の混乱のようで羽田に向かう便がすべて遅れていました。

私も疲れていましたが操縦士も客室乗務員も疲れているだろうに仕事とはいえ、嫌な顔一つせずに元気一杯の行動、接客に見習わなくちゃと勉強になりました。
20170217_085448.jpg20170217_091103.jpg20170217_094245.jpg20170217_103836.jpg20170217_123610.jpg20170217_123640_001.jpg20170217_155216.jpg20170217_155222.jpg
posted by tk at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

東京から宮崎県高千穂町まで

昨日は正午の飛行機で宮崎空港に向かい、そこから日豊本線で延岡までやって来ました。所要時間は特急で1時間強です。

延岡市は宮崎県北部一の都市です。10数年前は特産品開発でよくやって来ました。中小企業大学校中小企業診断士養成コースの生徒と1週間ほど滞在して商店街診断をしたこともあります。その時の生徒たちが企業や行政の幹部になっているのでもう20年近く前の話ではないかと思います。

この工業都市は20年近く前の方が明らかに活気がありました。全国どこも工業都市が衰退しています。現在は商業都市が地域の中心ですが、これも高齢化、衰退ゾーンです。これからは農のある生活都市の時代ですね。

福岡県でいえば北九州市、久留米市が衰退し、現在は福岡市が栄えています。やがて糸島市のような農業生活都市が人気都市になります。

延岡市から主催者の県庁の職員の迎えを受けて西臼杵支庁まで車でたっぷり1時間で、目的地に着きました。

西臼杵ではわかりませんが、天孫降臨の地、高千穂町といえば誰もがわかります。天照大神がいたところで、天岩戸(あまのいわと)のあるところです。古事記の冒頭に出てくる地域です。

高千穂という地名は宮崎県でも北部の「高千穂峡(きょう)」のあるこの地域と南部の鹿児島県との県境にある「高千穂峰(みね)」があります。日本の開祖はどちらに天孫降臨したのでしょう?

西臼杵支庁では支庁長と総括次長が夕食に付き合ってくれました(写真上左)。2人とも宮崎市からの単身赴任です。

九州は鶏肉をよく食べます。昨夜もよく「地鶏」が並びました(写真上右、中左・右、下左)。本場の鶏料理は鶏肉自体が美味しく、行けます。

この地域の焼酎は麦焼酎ですが昨夜は「天孫降臨」という芋焼酎をいただきましたがなかなか美味しかったです(写真下右)。
20170216_193225.jpg20170216_175205.jpg20170216_175925.jpg20170216_184156.jpg20170216_192934.jpg20170216_182038.jpg
posted by tk at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

地方でも東京でも人の輪が

昨日は岩手県JAいわて平泉の6次産業化セミナーの4回最終日でした(写真上左・右)。JAいわて中央、JA江刺とここの3ヶ所で開催していました。

JAいわて平泉は東北新幹線一ノ関駅で降ります。会場に入った途端にiPodがないのに気づきました。私は旅が多いの下車するために座席を立つ時やホテルを出る時は忘れ物がないか、何度も確認しています。それでもなくしますね。イヤホーンが付いているので自然にポケットに入れるので置き忘れがないような気がしますが、まったく記憶がないので追跡のしようもありません。

さて、セミナーでは成果品で玉葱・長葱ドレ、クリーミーとまと、和風にんじんの3タイプが出来上がりました(写真2段目左)。当社が今まで開発してきたドレッシングと食べ比べしながら試食しました(写真2段目右、3段目左)。

みんなが今回の試作品が既存の当社開発支援のドレッシングのどれよりも一番美味しいと言い出しました。全員が納得です。そう言われると教えた側も嬉しい限りです。

当社も全国でドレッシング講習会をやっていると自然とレベルが上がってきて、ノウハウも情報もふんだんになり、当社自身のレベルが上がっているのも事実でしょう。後半は発売までに必要なことを講義しました。

JAいわて平泉はJA自らが今回のセミナーの受講者の商品販売の取りまとめ役になろうとしているので商品化まで一気に進むのではないと期待できます。

夜は銀座に戻り、ELで接客でした。岩手県の食品メーカーの方々、宮城県庁の方々、岡山県庁の方々、鹿児島県三清屋田中さんと来てくれました。最後は一体化して楽しい交流が生まれました(写真3段目右、下)。
20170215_144627.jpg20170215_144619.jpg20170215_122429.jpg20170215_111912.jpg20170215_111916.jpg20170215_204146.jpg20170215_204229.jpg
posted by tk at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

旅は道連れ、世は情け

昨日は福井県でセミナーでした。ふくい園芸カレッジ新規就農セミナーの講師でした。

日本には「福」が付く県が3つあります。私は3つとも好きです。私は福岡県出身ですが、福井県も福島県も好きです。福島県は美人が多いし?、福井県は食べ物がダントツに美味しい。多分、我が国で一番美味しい。だから福井県に行く時はいつも泊まりにするのですが、昨日は日帰りでした。

それでもお昼は芦原温泉のお蕎麦屋さんでお昼でした(写真上左・右)。おろしそばは大好物です。大根おろしの苦さがとてもよいです。冷やそばですが、寒い時期に食べた方が美味しい気がします。大根が美味しい時期だからかな?

ふくい園芸カレッジのセミナー(写真中左・右)は新規就農者対象です。2年前に一度講義しています。コースは2年制でハウスを生徒一人に1棟貸し付け、2年間野菜の栽培を身に付けます。教えているのは県の農業改良普及員です。普及員の人達も楽しそうです。

生徒は30名おり、県が生活保証で月額で生活費を支給しています。半分以上が県外の人です。働き盛りの世代でサラリーマンを辞めてやって来ているので真剣そのものです。質問も多かったです。

私の辛辣な話にもたじろがないで付いて来ていました。食と農の世界に若くて優秀な人材が入って来ることはよいことです。

米原経由で新幹線に乗ったら隣の外国人のお嬢さんが話しかけてえらく焦っていました。まったく日本語はできません。英語もブロークンです。尤も私ほどひどくはありませんが。「いつも何語でしゃべっているの?」って聞いたら「ジャーマニー」だそうです。

用件は一緒に観光に来た彼氏と東京で待ち合わせているのに約束の時間に1時間遅れることになり、彼氏に連絡しているが、彼氏のアドレスをミスでブロックしてしまい、連絡できないので私のスマホから連絡できないかということです。

その狼狽ぶりから嘘ついているようにも見えずに連絡させてあげました。そしたらえらく喜んでチョコレートをくれました(写真下左・右)。「サンキュー,ア エクセレント バレンタイン」とお礼を言いました。
20170214_123312.jpg20170214_123319.jpg20170214_153359.jpg20170214_153406.jpg20170214_180549.jpg20170214_180718.jpg
posted by tk at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする